「ハングリーであれ。愚か者であれ」ジョブズ氏が残してくれた言葉【湯川】

News

 ジョブズ氏の死去の報に触れ、呆然としている。

 わたしにとってスティーブ・ジョブズという人物の存在はなんだったんだろうか。

 シリコンバレーに住む新聞記者として、取材対象として彼の歩みを追ってきた人間として、あまりに多くのものを彼から学んできたような気がする。

 その学びのエッセンスは、彼自身が2005年にスタンフォード大学で行った有名なスピーチの中にすべて入っているように思う。彼の人生の軌跡を振り返る意味でも、彼のスピーチの動画を再度見たいと思う。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in スティーブ・ジョブズ
さよならSteve Jobs 56歳で死去 コンピューティングで世界を変えた偉大なビジョナリー 【増田(@maskin)真樹】

スティーブ・ジョブズとわたし【湯川】
Google創業者は最初ジョブズに経営を任せたかった【湯川】
Close