関西にスタートアップの息吹! 4/13「Osakan Space」(大阪)でイベント開催 【増田(@maskin)真樹】

News, Osaka, StartupsEvent, オオサカンスペース, スタートアップ, 大阪, 関西


[読了時間: 2分]

osakan

 スタートアップの動向をウォッチして課題に感じていたのが東京以外の地域の熱さ。特に関西では多数の優秀な企業や個人がいるにもかかわらず横のつながりが少なく、“場” としての活性化を切望しているようだった。今こそ関西にくすぶるスタートアップの萌芽をもたらすべきなのだ。

 大阪のコワーキングスペース「 Osakan Space(オオサカンスペース)で4月13日に開催される「Shoot from Osaka(n) 」は、大阪近郊で作られているIT系のサービス・商品をメディアにアピールするイベントだ。第一回の開催となる今回、TechWave副編集チョ の maskinこと増田も参加しようと思っている。

大阪のIT系プロダクトを発信




 イベント趣旨には「同じ場所に集まり、商品やサービスを発表することで、メディアへの情報発信力を高め、交流にもつながります」と書かれている。記者発表を集約すること効率よくメディアへの露出を計るという意図があるが、それ以上にスタートアップが一同に集まることで気づきや出会い、そして共に大阪から世界に向けてチャレンジする同志として力が束ねられる効果がある。

 ITスタートアップつまりこれからの時代を創出する人達の集いは筆者はもちろん、多くの人がその趣旨に共感すると思うし、長きに渡り成長し続けると思う。

出演企業(4月4日現在)

■Twitterボットの行く末
アメトークボット、天下一品ボット、アメトークボット、うるう年ボットなど
増永玲(頭ん中 http://www.msng.info/)

■チャットワークで世界進出!いよいよChatwork inc. 設立
EC studio 代表 山本敏行氏(EC studio 社長ブログ http://blog.ecstudio.jp/ )

■Yahoo!オークションで150万円で入札したあのameroadの収益化
ameroad(http://ameroad.net/)

■オンリーワンの独自技術で導入事例が止まらないSNS系アプリ『commune(コミューン)』
http://www.commune-srv.com/

■国産のTwitterアプリ、Janetterが目指すソーシャルネットワークの未来
株式会社ジェーン 代表取締役 山下遼太(http://janetter.net/jp/

■カメラマンが魅せるウェブサイト『360度パノラマ』

■ファーストサーバ WordPress 専用クラウドサービス『PHP Ninja』

■Sleipnir

最新情報はこちら

開催要項:
日時:4/13(金)19:00〜22:00
場所:オオサカンスペース(大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル10F)

タイムスケジュール:
18:30〜 受付開始
19:00〜 ライトニングトーク(5分)10社
21:30〜 パーティタイム(軽食&アルコール)

料金
●出演(ライトニングトーク):1社10,000円(2名まで参加可能)
●参加(聴衆):5,000円/1名
●スポンサー:
30,000円:ゲストスピーチ&配布物&サイトからバナー(2名まで参加可能)
10,000円:配布物&サイトからバナー(2名まで参加可能)

*最大40名まで参加が可能です。申し込みが多く届いた場合、先着順とさせていただきます。

以上とのことで、応募方法や最新情報はイベントページからどうぞ。
http://www.osakan-space.com/events/120413/

【関連URL】
・Shoot from Osaka(n) ~ 大阪近郊で作られているIT系のサービス・商品をメディアにアピールするイベント ~  : Osakan Space (オオサカンスペース) : 本町駅すぐ御堂筋沿い
http://www.osakan-space.com/events/120413/

蛇足:僕はこう思ったッス
東京で開催したアプリ博花テックは、スタートアップの出会いの場として設計した。僕の記事にスタートアップに関心のある人が集まり、それをイベントでもシームレスに実現するという考え方だ。しかも、実業に良い影響があるかを強くイメージしている。いずれもおかげさまで盛況だったのだが、多くの参加者から「関西でやりましょう」と進言頂いた。
ただ、僕は栃木県宇都宮市に住んでいる。しかも主夫。週1ー2回都内に出るだけでいつも皆さんや家族に心配をかけるくらいで、そこをどうクリアにするかだけが課題。全国、世界、どんどん飛び周りたい気持ちで一杯なんだよ。

著者プロフィール:TechWave副編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
 8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代は週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーでベンチャー起業に参画。帰国後、ネットエイジ等で複数のスタートアップに関与。関心空間、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 DJ、emacs使い。大手携帯キャリア公式ニュースサイト編集デスク。TechWaveでは各種イベント、創出支援、スタートアップ支援に注力。メール等お待ちしております! (宇都宮市在住)
メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・Twitter @maskin・詳しいプロフィールはこちら


Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。

maskin [at] metamix.com
LinkedIn: maskin
Follow me