「Usepipe」1GBまでのファイルをFacebookフレンドにPtoPで転送できる新サービス【増田 @maskin】

NewsFacebook, P2P, PtoP, Usepipe


[読了時間: 2分]

screenshot_167

 ドイツ・ベルリンで2011年夏に誕生したスタートアップのサービス「Usepipe」がリリースされ話題となっている。

 このサービスは、Facebookのフレンドに対し1GBまでのファイルをセキュアな “パイプ” で高速に転送することができるというもの。

 最大の特徴は、やりとりをする2者間だけが暗号化されたパイプで結ばれ、サーバーなどを介することなく直接ファイル伝送が可能な点。サービスは、Facebookアプリの形式で提供される。

送りたいファイルをパイプにポイっ、それはマリオの様なUI/UX




 ファイルは、文書のみならず音楽でも動画でも写真でも内容は問わず、「Usepipe」の画面にドラッグ&ドロップすることで、特定の相手の端末にPtoPでリアルタイムに伝送することができる。投入先はまるでゲーム「スーパーマリオ」の土管のよう

 PtoP通信は米アドビ社の「Real Time Media Flow 」プロトコルを使用しているようで、現時点ではFlashプラグイン依存。将来はiOSやAndroid対応も計画しているようだ。

【関連URL】
・Pipe – File transfer made friendly
http://www.usepipe.com/
・Pipe: file sharing in the Facebook age is about to get real | The Verge
http://www.theverge.com/2012/5/17/3022808/pipe-file-sharing-facebook

蛇足:僕はこう思ったッス
Dropboxはバックアップ用途のみならずファイル共有でも使えるが、「Usepipe」の方がPtoPでリアルタイム転送という点でセキュリティ面での安心感があるのだろうか。SkypeのPtoPファイル転送は便利だけど遅いので、そっちの代替ということも考えられる。いずれにせよ、アプリの完成度次第という印象。じっくり試用してからレポートしたいと思う。
著者プロフィール:TechWave副編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
 8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。道具としてIT/ネットを追求し、日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング→週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ネットエイジ等で複数のスタートアップに関与。関心空間、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 Rick Smolanの24hours in CyberSpaceの数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演。TechWaveでは創出支援に注力。個人テーマは「ビットxアトム」
メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・Twitter @maskincoffee-meeting 詳しいプロフィールはこちら


maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

NewsFacebook, P2P, PtoP, Usepipe

Posted by maskin


PAGE TOP