注目スタートアップのアプリ「HighCam(ハイカム)」でスマートフォン上のビデオ編集を始めよう 【増田 @maskin】

News


[読了時間: 2分]

bg_features

 Y Combinator や 500 Startups といった有名インキュベーター(投資育成事業者)の支援を受けている北米シリコンバレー所在のスタートアップHighlightCam社のアプリ「HighCam(ハイカム)」の日本ローカライズ版が遂に登場した。

 「HighCam」は、スマートフォン上で動画の編集を可能にするアプリ。複数の動画素材を指定し、演出タイプやBGMを設定するとあとは自動で1本の動画に編集してくれるというもの。

 単に繋ぎ合わせるだけではなく、素材の動きや人物の表情などから見どころを判断し、演出に合わせてくれるという技術力が売りのアプリだ。

 本日6月1日にAndroid対応版がGoogle PLAYからダウンロード可能になっている。iPhone版は開発中。なお、NTTドコモの夏モデルXi端末全機種にプリインストールされることも決定している。

映像の重要ポイントを認識




 HighlightCamは、MITにて2年間顔認識技術を応用したビデオ編集アルゴリズムを研究していたMichael J.T. O’Kelly氏が、共同ファウンダーとして元Fiddle CEOのRobert Neivert 氏と2009年に創業したスタートアップ。日本版提供にあたりハイカムジャパンが設立されている。

 映像素材は、サーバー側に送信された後、顔や全体の動き、音声などを認識し、自動でピックアップした上でダイジェスト動画を自動重要な部分(顔、動き、サウンド等)をサーバー側エンジンで認識した後、重要な部分をピックアップして自動でダイジェスト動画を作る仕組み。

 回線速度なども影響するが、送信から完成まで約10分程度で動画が完成する。完成した動画に字幕を付けることも可能だ。

 ハイカムは無料で使用できるが、¥350/月または¥2,500/年のプレミアムプランを利用することで、30秒までの制限が無制限になるほか、HD動画の編集機能などが使えるようになる。

ベーシックプランプレミアムプラン
利用料金無料¥350/月または¥2,500/年
作成できるムービーの長さ最大30秒自由に設定可能
作成できるムービーの画質低画質のみ高画質(HD)を選択可能
広告エンドロール有り
演出エフェクト/テンプレート一部のみ利用可能全て利用可能
デスクトップアプローダー(※)利用不可利用可能
ムービーストレージ最大2GBまで最大3GB、かつ素材動画を保存可能
ムービーの優先的な生成優先的にムービーを生成
サポート通常サポート優先サポート

【関連URL】
・HighCam(ハイカム)アプリ
http://www.highcam.jp/

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in android, HighCam, NTTドコモ, デジタルガレージ, 動画
「Windows 8 は、iOS / Android を凌駕する最大のアプリマーケットとなる」 #wddjp @maskin

アプリ博のつくり方 ーイベントコミュニティ構築のメモ 【増田(@maskin)真樹】

SIMロックフリーの雄、日本通信がNTTドコモを提訴 【増田(@maskin)真樹】

Close