「誕生日をよりハッピーに」ソーシャルギフトサービス「Bappy!」【本田】

News, Startups

[読了時間:1分]
logo 2012年8月20日、誕生日に特化したソーシャルギフトサービス「Bappy!」が正式公開された。これは、Facebookで繋がっている友人の誕生日に、提携ブランドで使えるデジタルギフトカードを贈ることが出来るサービスである。

 デジタルギフトカードには無料・有料とあり、お祝いのメッセージも一緒に送信出来る。受取側のFacebookのタイムライン、もしくはメッセージに「プレゼント送付情報」が送られ、前者の場合、ニュースフィードを通じてギフトが贈られたことを知った共通の友達が、ギフトカードの金額を加算して、額面を増やすグループギフト機能の仕組みもある。

 ローンチ時には15の提携ブランドが名を連ねた。その中には、
TSUTAYAオンラインショッピング
kitsonチケットぴあなどの有名ブランドを始め、メインターゲットであるる20−30代女性向けのアパレル・ファッションブランドが多く加わっている。

 サービスは、PC、スマートフォンアプリ(iOS、Android)で使えるが、店舗でギフトを使う時には、スマホでの利用が必要になる。

 アプリのダウンロードなどは、Bappy!(http://bappy.jp/)から。


蛇足:私が思うに、
 BirthdayをHappyに、でBappy!。ソーシャルギフトサービスについては、以前「Wrapp.com」を取り上げた。株式会社Bappy代表の坂倉浩司氏によると、Wrappのことは相当意識しているとのこと。

 ローンチ時に有名ブランドを集めて来られたように、同社の最大の強みは営業力。創業メンバーには、リクルート、グルーポン・ジャパン、アジャイルメディア・ネットワークなどで営業経験を積んだ部隊がいる。

 50%OFFが前提のようになっているGroupon的ビジネスは、ブランドにとってはマイナスイメージを持っているところも多いと聞く。Bappy!のデジタルギフトカードは提携ブランド側から見ると、完全な成果報酬型であり、Grouponを扱いにくかったブランドにも扱いやすいだろう。

 個人的には、Facebookの友人が1000人を超え、毎日のように誰かの誕生日がやって来る。すべての人に気の利いたお祝いを言えないし、昨年の自分の誕生日は、お祝いメッセージの返答がし切れなくなることを予測して、数カ月前から誕生日を非表示にしていたくらいだ。これは極端だとしても、Facebookと誕生日の組み合わせは、人を動かす大きな力になることは間違いない。

IMG_1576
愉快なBappy!のメンバー。田島大彦氏(左)、坂倉浩司氏(右)(Photo:Masahiro Honda)
著者プロフィール:本田正浩(Masahiro Honda)

写真家、広義の編集者。TechWave副編集長
その髪型から「オカッパ」と呼ばれています。

技術やビジネスよりも人に興味があります。サービスやプロダクトを作った人は、その動機や思いを聞かせて下さい。取材時は結構しっかりと写真を撮ります。

http://www.linkedin.com/in/okappan
iiyamaman[at]gmail.com

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News, StartupsBappy!

Posted by okappan


PAGE TOP