マイネット・ジャパンがシンガポールに拠点 世界に向けて情報発信【湯川】

News

[読了時間:1分]
 株式会社マイネット・ジャパン(社長、上原仁氏)は、シンガポールに現地法人Mynet Pte. Ltd.を設立し、ソーシャルゲーム業界専門ブログメディアSocial Game Report上で英語記事の配信を始めたと発表した


 発表文によると、シンガポール進出の理由を次のように述べている。

シンガポールは英語と経済合理性という2点のグローバルランゲージの上に築かれたビジ
ネス都市であり、今後20年はアジアの中心、引いては世界の成長の中心になります。マイ
ネット・ジャパンではグローバルベンチャーとしての長期成長のために、この度設立した
シンガポール法人から世界に向けてサービスを展開して参ります。

2012年8月31日より『Social Game Report』の英語圏への提供を開始いたします。これを
通して海外のネットワークを作ると同時に、日本のソーシャルゲーム事業者の海外進出
の一助となり、世界のソーシャルゲーム産業の健全な発展に貢献して参ります。

蛇足:オレはこう思う

 情報は、情報を発信しているところに集まり、情報が集まるところにビジネスが発生する。早い時点からブログをやってきた僕は、このことが事実であることを身を持って経験してきた。同じ頃からブログをやっていた上原さんも同様の経験があるのだと思う。

 マイネット・ジャパンは、ソーシャルゲームのメーカーとしては後発。同じやり方では先行する企業には追いつけない。なので上原さんらしいやり方で、成長を目指すことに決めたのだと思う。

 僕自身も余力があればソーシャルゲームやソーシャル系のビジネスの情報を英語で情報発信したいと思っているし、海外、特にアジアに拠点を設けたいと思っていたところなんで、今回のマイネットのシンガポール進出は、「さすが」というより「やられた!」と感じた。まあ上原さんには勝てるわけもないので、「やられた」という感じでもないんですが・・・w。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in シンガポール
「ソーシャルゲームは日本が世界をリード。アジアで開発し欧米を狙う」gumiがシンガポールに拠点【湯川】

【告知】なぜ会社経営をアジアに移すほうが有利なのか マレーシア進出セミナー【湯川】
Close