名刺管理アプリのEightがScanSnapに対応、これで一気に取り込めるぞ【本田】

News

[読了時間:1分]
スキャナイメージ(small) リリース後3ヶ月で登録枚数が100万枚を超えた、株式会社三三の名刺管理アプリ「Eight」が、遂にスキャナ(PFU製のScanSnap)にも対応。これまでスマホ(iPhone)カメラで1枚ずつ行われていた登録作業が、スキャナを使うことで複数枚同時の取り込みが可能になった。

 最初は説明書に従ってScanSnapの設定が必要になるが、一度設定を済ませせると、専用ソフト「EightScan」からScanSnapが操作出来るようになる。


 「EightScan」のダウンロードは、ベータ期間中は無料。
ダウンロードはこちらから(http://www.33i.co.jp/ae/rd.php?aid=a505bdb1716ac5

動作確認機種:ScanSnap S1500, S510
 対応ScanSnap Manager
  ScanSnap Manager V5.1 以降(Windows)/ ScanSnap Manager V3.2(Mac 専用)
 対応 OS
  Windows:Windows XP SP2/Windows Vista/7(.NET Framework2.0 以上)
  Mac:Mac OS X 10.6以上

なお、同社ではAndroid版の開発も急いでいるとのこと。

蛇足:私が思うに、
ScanSnap自体が7月2日にクラウド連携(Dropbox、Evernote、GoogleDrive、Salesforce、SugarSync)をアップデートで対応していたので、EightScanの登場によって、ますますScanSnapの利用シーンが増えました。
著者プロフィール:本田正浩(Masahiro Honda)

写真家、広義の編集者。TechWave副編集長
その髪型から「オカッパ」と呼ばれています。

技術やビジネスよりも人に興味があります。サービスやプロダクトを作った人は、その動機や思いを聞かせて下さい。取材時は結構しっかりと写真を撮ります。

http://www.linkedin.com/in/okappan
iiyamaman[at]gmail.com

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Eight
名刺管理のEightがデータ化100万枚を突破【本田】

これは決定版!クラウド&人力で名刺をデータ化する「Eight」が一般公開【本田】

Close