Apple、カナダで車載OS開発か 米報道【@maskin】

Automotive, CanadaApple, BlackBerry, Project Titan, QNX, 組み込みOS, 自動車

音声認識型エージェントのSiriを使用したドライブ情報ナビゲーター「CarPlay」がiOSに標準で添付される中、もう一つの自動車カテゴリのプロジェクト「Titan」の噂が絶えないApple。自動車を開発しているのか? 自動運転システムなのか?その真偽がはっきりしていないが、今年に入り「Titanプロジェクトは解散」という話さえ不定している状態。

そんな中、自動車産業が盛んなカナダに数十人の技術者が拠点を設けており、そこで秘密裏に開発が進められている可能性が高いという報道が出てきた。

r0012249

米Bloombergの記事によれば、この拠点で過去一年間で集められた技術者は24名前後で、多くは加BlackBerry傘下の組み込みソフト大手ONXの出身だという。今年7月には、BlackBerryの自動車向けソフトウェア部門の責任者をこの拠点のリーダーとして採用したと報じられている。

本社のある米国・カリフォルニア州クパチーノ以外で新製品開発を進めるのは異例のことと記事では述べられている。仮にこの拠点で開発されているものが自動運転の技術を含めたプロダクトだとすると、自動車関連の施設やテストコースがある地域の方が環境としては理想的であり、むしろAppleの本気度の現れかもしれない。

【関連URL】
・Apple Said to Develop Car Operating System in BlackBerry Country
https://www.bloomberg.com/news/articles/2016-10-25/apple-develops-car-operating-system-in-blackberry-country

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 もう一点、組み込みソフトウェアの領域はリアルタイム性が求められる特殊な領域。ある意味、信頼を積み上げた使い古された業界ではあるが、専門性が高くそれほど多くの技術者がいるわけでもなく、日本の自動車産業などでも厚遇対応で人材を獲得している状況。そう考えると自動車産業が盛んなカナダで技術者を獲得するというのはしごくまっとうな流れ。自動運転もしくは本当にAppleブランドの車が登場することも完全に否定することはできない。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP