P2Pテレビ「BitTorrent Live」は放送の代替になるか? ライブストリーミングプラットフォームを提供へ 【@maskin】

CONTENTSAbemaTV, BitTorrent, ビットトレント

スカイフォン
HTML5モバイルアプリDAY

 

 米BitTorrentは2016年5月17日、P2P(ピア・ツー・ピア:Peer to Peer)技術を応用したストリーミングプラットフォーム「BitTorrent Live」を発表した。Apple TV、iOS、AndroidおよびMacに対応したストリーミング受信用アプリを2016年6月頃に提供開始する予定。リリースと同時にニュースやスポート、音楽、テクノロジー、若年層をターゲットにした番組なども提供する。

 BitTorrentは、高速で伝送可能なファイル伝送用P2Pプロトコルおよびそのサービスとして名を知らせてきた。集中するトラフィックを利用者側(のアプリ)がホスト役も果たすことで分散、大きなファイルを効率よく伝送することで定評がある。過去、匿名で使用できるP2Pソフトが、知的所有権を侵害することで大きな問題となったが、BitTorrentはどの利用者が何を公開しているのかがわかるようになっている。また、2007年頃から動画コンテンツ配信プラットフォーム「BitTorrent DNA」を提供しており、今回は満を持してストリーミング配信に参入する。

 「BitTorrent Live」では、遅延が多いHTTPライブストリーミングを使用せず、P2P技術に代替することで映像のラグなどの問題を回避するというもの。P2Pファイル交換と同じようにクライアントアプリ側が配信の一部を受け持つことでCDN(コンテンツ配信ネットワーク)などを使用せず10秒の遅延のみでストリーミングが可能になるだけでなく、旧来型の手法では不可能だった巨大な配信にも対応できるという。

 BitTorrent社はかねてより「放送をP2Pで代替する」と述べており、受信アプリの提供に際しニュースやスポーツといった一般市民が楽しめるコンテンツの提供も開始するとのこと。

【関連URL】
・BitTorrent Live
https://btlive.tv
・BitTorrent Live: Multichannel App for Live and Linear Programming Unveiled at INTX

BitTorrent Live: Multichannel App for Live and Linear Programming Unveiled at INTX

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 日本ではサイバーエージェントが放送局とタッグを組みモバイルテレビ局AbemaTVを展開している。独自番組にも着手し、配信プラットフォーム「AmebaFresh」との連携も果たすなど本気だ。「BitTorrent Live」は技術プラットフォームの色が強いが、P2Pであるためコスト面での優位性があるほか、おそらくマネタイズプラン(有料配信など)も提供すると考えられる。仮に「BitTorrent Live」が放送に代替する手法として定着するとなると、動画放送の敷居がさがるだけでなく、大型テレビからモバイルまで展開も容易になる可能性がある。

Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。

maskin [at] metamix.com
LinkedIn: maskin
Follow me