数千人規模のVRソーシャルイベントを実現する「cluster.」が2億円の資金調達&エイベックスと資本業務提携 #EnterTech

VR/AR/MR, エンタメ

エイベックス・ベンチャーズがVRスタートアップの「cluster.」への出資と業務提携が発表されました。2017年4月に開催したエイベックス・ベンチャーズ主催のプレゼンイベント「avex Enter-Tech Pitch」の出場企業ということです。

エンターテインメントとVRの親和性の高さは誰もが期待するところといえるでしょう。ただ、「cluster.」のサービスはテレプレゼンス、つまり他のユーザーとの同時体験が鍵となっているようです。例えば、VRシューティングゲームのプレイ中、他のユーザーにはこんな風にみえるというわけです。

こうした、第三者が介在するVRコンテンツ消費のおもしろさは、東京ゲームショウなどでも注目を浴びました(東京ゲームショウ2016「VR的まとめ」【@maskin】 #tgs2016)。

これらはソーシャルVRとしてFacebook/Oculusの発表でも注目分やとして取り上げられています。(ザッカーバーグ氏「ソーシャルVR」 を全面プッシュ、米Oculusイベントでデモ 【@maskin】

イベントやライブを楽しむソーシャルVR

「cluster.」の魅力は、数名レベルのソーシャルVRではありません。ライブ試聴やイベント参加といった数千名規模の共時体験をVR空間で実現しようというところです。

VRほどの没入感があれば、アーティストのライブを同じファン同士で喜び合いながら体験できる、という発想です。

エンターテックアクセラレーターの鈴木貴歩氏は「clusterは、イベントサービスのような気軽さで仮想空間のイベントが作れるのが魅力です。ソーシャルタイムラインや動画のフィード機能もあり、VRでイベントをやるための機能が全て備わっているんです」と期待を寄せています。

今回の資金調達では、「cluster.」を運営するクラスター株式会社は、引受先をエイベックス・ベンチャーズ株式会社、ユナイテッド株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、Skyland Venturesおよび個人投資家として総額約2億円の第三者割当増資を実施しています。あわせてエイベックスと業務提携し、新たなエンタメコンテンツ開発に乗り出す見込みです。

初期の対応機種は、VRデバイス(Oculus Rift CV1/HTC VIVE)とPC(Mac/Windows)で、今後、クラスターはスマートフォンやモバイルVRなどへの対応を進めるということです。

【関連URL】
・「cluster.」正式版サイト
https://cluster.mu/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 TechWaveでは数年前にテレプレゼンス(ネットを通じて他人を認識する各種サービス)に注目したことがありました。距離に依存しないのがネットの特徴であり、魅力であり、私たちの生活スタイルを変える力があると感じたからです。ただ、どれも鳴かず飛ばずのうち消えてしまいました。記憶する限りではその空間で長い時間を消費することが叶わなかったように思います。「cluster.」はどうでしょうか。VRの没入感が高まるほどおそらくその中でのイベントに価値が帯びるでしょう。問題はその成熟スピードです。cluster.がどれくらいの成長率を描いているのかわかりませんが、資金調達からのフルアクセルは成立するのか暖かく見守りたいところです。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in cluster., クラスター, ソーシャル, ソーシャルVR, 原田明典, 手嶋浩己
ザッカーバーグ氏「ソーシャルVR」 を全面プッシュ、米Oculusイベントでデモ 【@maskin】

日本最大級のハンドメイド・ソーシャルマーケットCreema(クリーマ)が解き放つ!新しいマーケットで活躍する日本のクリエイターの可能性【@otozureproject】

世界をリードし始めた!?最新中国ソーシャル 人気アプリ22選【岡俊輔】

Close