レベルファイブCEO 日野晃博 氏が考える全方位クロスメディア戦略 @maskin

Fukuoka, Marketing

社会現象とまで言わしめた「妖怪ウォッチ」のヒットには何が隠されているのでしょうか。レベルファイブ 代表取締役/CEO 日野晃博 氏は「クロスメディア施策により、IP(=intellectual property:知的財産)を世の中にアピールしていく」と語ります。

クロスメディア施策とは何か? 今も進化し続けているこの戦略の現在について、元ブシロード副社長 黒川文雄氏が展開する「黒川塾」の5周年記念イベント「クロスメディア戦略進化論2017」で紐解かれます。

日野氏は福岡の開発会社でメインプログラマー・ディレクターを経て1998年10月にレベルファイブを設立しました。レベルファイブではこの20年間で、ドラゴンクエスト8の開発、世界累計出荷1550万本を記録した「レイトン教授」シリーズを筆頭に、「妖怪ウォッチ」といった大きなタイトルを手がけ続けてきました。過去に発売したゲームタイトル46本の平均売上本数は98万5000本。社員数は現時点で300名弱ですが、ゲーム誌のメーカーランキングで4位、売上トップ10に3タイトルがランクインしています。

日野氏は「大きなタイトルにかからわせて貰いました。貴重な体験を20年の間やらせてもらいました。厳しいと思える状況が続いている中、ヒットが続いている運もあると思うのですが、規模が小さいにもかかわらずこの数字をアベレージで出せる力がある会社がレベルファイブ」と話します。

レベルファイブの特徴は「幅広いユーザーに向けたあたたかみのある作品づくり」に徹している点。日野氏いわく「子供向けの作品を作ろうと思って仕事を進めているわけではないんですが・・・」とするも、結果的にそういった作品に仕上がっていくのようです。また、年に1本の新シリーズを立ち上げるというモットーがあるといいます。

「稲妻、妖怪・・・ジャンルはこだわらず、常に新しいIPをやろうとしています。イメージが一点に集中してしまうと、ドラクエをやっている時は “ドラクエの会社” になってしまうんです。いろいろなことをやっていて、いろいろなことができる会社として世の中に知らしめたいと思っているんです。その中でも私たちならではのやり方がクロスメディア展開です。イナズマイレブンから展開してきたこのやり方が認められるようになり、現在も進化が続いているんです」(日野氏)

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

PAGE TOP
More in Fukuoka, Marketing
福岡でスタートアップ国際イベント「FiSH」開催、一過性ではなく地域に力を与える野心的取り組み @maskin

キリンとLINEがO2Oでコラボ、自販機 清涼飲料水2兆円市場に「Tappiness(タピネス)」で切り込む @maskin

Snapchatのメガネ型カメラは自販機で販売 【@maskin】

Close