FireFoxが「Flash Plugin」をブロック、Adobeは対策するも流れはHTML5か 【@maskin】

News

 米Mozillaは2015年7月13日、同社が提供するWebブラウザ「FireFox」で「Flashプラグイン」をブロックする処置が取られたと発表した。

最新バージョン39.0では、Flash Pluginを使用するページを開くと以下のような警告バーが表示され、許可をしない限り再生ができない。

screenshot_994

Yahoo!Japanも標準ではこのような状態。

screenshot_997

 原因は、「Flash Player Pluginに脆弱性があるから」とのことで、FireFoxのすべてのバージョンでブロックされている模様。

 Googleの「Chromeブラウザ」でも、Flash Playerはバッテリー消費を悪化させる等の理由で、将来的に非対応とすることが検討されている。

 これに対し、Flash Player Pluginを提供する米Adobe社は「Resolution for Recent Flash Player Vulnerabilities」(最新のFlash Playerの脆弱性を解決)と声明を発表しているが、Mozillaおよびパートナーシップ企業によるチェックが済んでいないからか、ブロックは解除されていない。

この際、Adobeは「HTML5 & JavaScriptのような最新技術」へのサポートに対しても継続的に注力すると表明した。



【関連URL】
・Flash Player Plugin 18.0.0.203 (click-to-play) has been blocked for your protection.
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/blocked/p946
・Resolution for Recent Flash Player Vulnerabilities
https://blogs.adobe.com/conversations/2015/07/resolution-for-recent-flash-player-vulnerabilities.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw Flashのシェアはまだまだあるわけだが、それは色々な意味で影響力があるということになる。HTML5&JSにシフトしたら全てが解決になるわけではないと思うが、マルウェア扱いされてしまったことのReputationの悪化は深刻に感じた。ちなみに、FlashコンテンツをHTML5で再生できるプラグイン「shumway」もあります。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

NewsFLASH

Posted by maskin


PAGE TOP
More in News
朗読メディア「米Audible」が日本参入、本の要約サイト「フライヤー」が10分で読めるビジネス書配信開始 【@maskin】

楽天がバーチャル試着サービスをQVC等に提供する英Fits.me社買収 【@maskin】

「AppLovin」 元Google 坂本達夫 氏が日本代表となった注目の広告ネットワーク/DSPについてまとめてみた 【@maskin】#AppLovin

Close