飲食業界のブラックイメージ「低賃金・長時間労働」を払拭したい。年収700万以上を目指す転職希望者向け「フージェント」本日サイトオープン @osak_in

News, Startupsスタートアップ, 大阪


[読了時間: 2分]

本日28日リリースされた「フージェント」とは、
飲食業界に特化した年収700万以上を目指す転職希望者向けのサービスです。

転職を希望する方がサイトから登録し、サービス運営元のクックビズ社が面接、
一般には公開されていないハイクラス求人情報の中から、
求職者にあった飲食店を選定し、紹介します。


フージェント|フード関連業ハイクラス人材エージェント

現行の同社サービス「クックビズ」と違う点は、
「ハイクラス人材を求めている飲食店」に特化していることで、
年収500万以上かつ入社時に役職を用意して採用する場合のみ、
想定年収の30%が同社に報酬として入ります。

 

社長の藪ノ(やぶの)賢次氏は、

アベノミクスなどの経済効果で飲食の賃金は上昇傾向にあり、
経験やスキルがある優秀な方の転職希望は増えている。

当然、経営が上向きになり、事業拡大を行う店舗が増え、
マネージャークラスの優秀な人材を求めている飲食店は多い。

人材を求めている場合でも公開情報として募集すると
必要なスキルに満たない応募が殺到し、対応に追われ、
店舗の営業に差し支えることが多い。

また、優秀な求職者は、現職で忙しく情報収集の時間が足りない。
十分な情報収集なしに転職先を決めるケースが多かったり、
条件以外のお店のビジョンや雰囲気といった「相性」を把握するのが難しい。

このミスマッチをなくすためのサービスが「フージェント」です。

将来的には、低賃金・長時間労働のブラックイメージを払拭し、
多くの方に「飲食業界で働きたい」と思ってもらいたい。

と話しています。

今月3日にティザーサイトをオープンして、約60名が登録。
非公開求人は150社以上、平均想定年収は、約700万円。

【関連URL】
フード関連業の高年収転職サイト
https://foogent.jp/
クックビズ
http://cookbiz.jp/

蛇足:

クックビズ社は、飲食特化の数少ない転職エージェントで、ジャフコから3000万円の出資を受けています。売上ベースで毎年200%ずつ成長を続ける大阪で最も元気な企業のひとつです。

著者プロフィール:株式会社 EC studio スペース 代表取締役 大崎弘子(オオサカンスペース運営)
オオサカンスペース 大崎弘子
専業主婦から、アルバイト、そして社長へ。大阪生まれの大阪育ち。バツイチ、2児の母。「日本で一番社員満足度の高い会社」として知られる 「ChatWork(旧 EC studio)」社にアルバイトとして入社、SEO・広報・代表 山本敏行の秘書を経て、グループ会社の代表に。現在は大阪の本町にあるコワーキングスペース「オオサカンスペース」を運営、メンバー数120名以上、多く の協業が生まれ、世界初のサービスがリリースされるなど盛り上がりを見せている。世界26都市で開催される「IT飲み会」の会長でもあり、 「Startup Weekend Osaka」「広報ウーマンミーティングなにわ部」主催。たくさんのコミュニティと関わることで、数多くの協業を実現し、おもしろいプロジェクトに囲まれて生きています。新しいことを考えたり、夢想するのが大好きです。
チャットワーク:ec_osaki
Facebook:ecosaki
Twitter:osak_in