FUNFLYING、アプリの次は空 → 夢は「空のパーソナルモビリティ」 @maskin

NewsFUNFLYING, 松村大貴, 髙瀬章充

学生起業、いわゆる北米型アプリスタートアップの轍を歩んでいた二人が、空のレジャービジネスを立ち上げた。

「FUNFLYING」。

ウルトラライトプレーン(ULP: Ultra Light Plane)とよばれるエンジンを搭載した簡易型の航空機を使い、空の旅を楽しむというもの。

百聞は一見にしかず。

 このサービスの飛行時間はおよそ15分。資格を持ったパイロットと一緒に空の旅を楽しむというもので、価格は1回あたり2万円ほどを想定しているとのこと。

学生スタートアップから空へ

 立ち上げたのは5年前の学生スタートアップコンテスト「ブレークスルーキャンプ」に参加していた二人、髙瀬章充 氏(代表取締役社長)と松村大貴 氏(共同創業者兼副社長)。

 それぞれスタートアップ畑を猛スピードで疾走した末、「子供の頃からの夢だった」(高瀬氏)という空のビジネスをてがける株式会社空を創業したという。

 サービスは夏頃から日本各地で開始する予定。将来の夢は「垂直離陸で自動操縦ができる電気駆動のパーソナル飛行機を作ること」だという。



【関連URL】
・FUNFLYING (サービスサイト)
http://fun.sora.flights/
・株式会社 空
http://sora.flights/



蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw いきなり空っすか? と思ったのだが、空のパーソナルモビリティには大きな夢がありワクワクする。AeroMobileSkyDriveといったものはかなり注目されたし、高瀬氏自身も参加した北米のEASというイベントはかなりの熱気だったようだ。法律面・安全面など障壁も沢山あると思うが、世界にかけるでかい夢に向かって邁進してもらいたいものだ。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP