VRでロボットを化身として操縦、遠隔操作義体「GITAI」と専用OSの開発進む @maskin

VR/AR

ロボットとVR。一見関係なさそうで、その無限大の可能性にあふれる世界。VRが人間が没入するための道具だとしたら、ロボットはそれにより命を与えられるようになるのかもしれません。

上の写真は、一見無骨なロボットがポーズを取っているように見えますが、MacroSpaceファウンダー兼CEO 中ノ瀬翔 氏が操縦するいわば化身となっている状態です。頭についてるスティックはリコーの全天球カメラ「Theta」で、操縦者の目線もこのロボットと同化しています。

手には5本の指があり、操縦者のグローブと連動して動きます。ロボットが何かに触れればその感触がグローブに伝わる仕組み。

体の動きはセンサーによってロボットに伝わり、あらゆるポーズをリアルタイムに行うことが可能です。

このロボットは、中ノ瀬氏がパーツを集めて自作したもので、総額3万円程度。制御や通信にArduinoを複数搭載し、独立して動作するだけでなく、無線で操縦することができるレベルまで来ているとのことです。

あらゆるロボットに搭載できるGITAI OS

中ノ瀬氏は2010年にIBMに入社して3年間技術者として経験を積んだ後、インドで複数のサービスを立ち上げたのち事業を売却してこの事業に取り組みはじめました。自分の分身のように遠隔操作できるロボットを作る取り組みとして「GITAIProject」は始まり、2016年7月に法人化しています。

最終的な夢は「10年後に資源開拓用として宇宙空間にGITAIを送り出す」とのことですが、単にこの人形ロボットをプロダクトとして完成させるだけでなく、ドローンやその他のロボット型機器に搭載できる「GITAI OS」として世の中に普及させたい考えです。

ポイントとなるのは違和感なく操作できる情報の伝送技術やロボットに搭載されたモーターやセンサー類との調和を司るソフトウェア技術。操縦側は人間であるため、人間の動きとビッグデータの関係を分析して、攻殻機動隊の世界でいう義体を目指そうとしている。

【関連URL】
・Macro Space
http://macros-pace.com
http://techlabpaak.com/members_project/macrospace

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 VRとセンサーと動きを司るもの
実際、プロトタイプを体験した。思った以上にリアルタイムに動作すると感じた。一方でハプティックセンサーや動きのセンサーなどはまだ違和感があったが、むしろこれらは他のVRの機器メーカーの努力と進歩で解決されるのだろう。現時点のハードウェアは手作りの試作だが、これがレベルアップするに従いどこまでの体験となるのか、また人形ロボットではなくドローンを操作する世界観はどうなるだろう?などと妄想は尽きない。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

TechWaveのFacebookページに
いいね ! をお願いします

Twitter で

PAGE TOP
More in VR/AR
日本は飛び抜けているーマイクロソフトのHololens スタンドアロンの複合現実デバイスの出荷初動 @maskin

Pinterest Lens BETA、カメラに写ったアイテムからアイディア検索可能に @maskin

3DモデルをVRに再現するビューワー「SYMMETRY ALPHA」の登場間近 スタートアップのDVERSE社 @maskin #vr

Close