iOS7アプリ開発者の悲鳴にGMOが神対応、SSL無償提供開始 【@maskin】


[読了時間: 2分]

 米Appleが2014年3月11日に提供を開始した「iOS 7.1」。

 UI(ユーザーインターフェイス)などの改善を中心に車載インターネットの枠組み「CarPlay」などへの対応なども注目を浴びた。

 一方で、アプリ開発者から「開発中のアプリのテストができなくなった!?」という困惑の声が発されるなど混乱も。その声に「どうにかしよう」と立ち上がったのがGMOインターネット 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷正寿 氏だ。


 事の発端は、iOS7.1アップデートにより、開発中のアプリの配布方法に制限が出たことによるもの。

 開発者は、開発中のアプリをテストするための(AdHoc版の)ファイルを、ケーブルで端末に転送したり、サーバーに配置してインターネット経由で配布(Over the Air=OTA)するのが常。

 特に後者のOTAは、チーム全員や関係者に配布するために必須の方法だった。

 ところが、iOS7.1をインストール/アップデートした端末からは、SSL証明書を使用したサーバーからでないとダウンロードできない仕様に変更され、それまでのOTAの方法が使えなくなってしまった。

 SSL証明書を入手すれば解決するのだが、年額で数万円。しかも書類などの手続で時間がかかるケースも多い。プロジェクトによっては、完全に開発作業が停止してしまったケースもあるようだ。

GMOトップの決断 → 対応まで数時間

 そんな開発者の困惑に気がついた熊谷 氏は3月13日、GMOインターネットグループでSSL証明書を発行する業務を行っているGMOグローバルサインの役員を招集。この問題に対応できるプランを策定し、数時間後には「iOSアプリ開発者向けSSLサーバ証明書 無償提供」のページを開設した。
 
 このプランでは、同社が展開する書類手続が不要な「クイック認証SSL」を45日間限定で無償使用できる。このプランは、年額3万4800円から利用できるもので、最短2分でSSL証明書が発行される。

 期間限定とはいえ、導入サーバーは無制限で、これにより助けられる開発者は多いと考えられる。関係筋によれば、かなりのペースで利用申し込みが入ってきている模様だ。





【関連URL】
・iOSアプリ開発者向けSSLサーバ証明書 無償提供|SSL・電子証明書ならグローバルサイン
https://jp.globalsign.com/service/ssl/ios7.html



蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw Twitterの書き込みに気がついた熊谷氏の迅速な対応に助けられた人は、僕のまわりにも沢山いる。開発者を支援しようというスタンスに、GMOインターネットグループ内外から賞賛の声も出ている模様。素敵です!

Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。

maskin [at] metamix.com
LinkedIn: maskin
bitcoin: 3KnQhwXb2es6nxXUNhQSbKiveJqP1G3TPb
Follow me