世界最大規模のスタートアップの祭典GSB2014。日本からは東京、大阪、山形、仙台など11都市が参戦 @osak_in

Event, Startups, World

[読了時間: 5分]

スタートアップの世界最大規模の祭典「グローバル・スタートアップ・バトル(GSB)」が、
今年も11月に開催されます。

世界172都市、日本11都市で開催されるスタートアップウイークエンド(SW)に参加し、
上位入賞を果たすことで出場でき、アジアパシフィック地域予選を経て、世界大会のへと進みます。

 

SWとは、週末の54時間(*宿泊イベントではありません)を使って
ゼロから起業プロセスをすべて体験するイベントで、エンジニア、デザイナー、
企画、営業、プロダクトマネージャーなど多彩なバックグラウンドを持つ人々が集まります。

金曜日の夕方に集まり、アイデアを60秒で発表。
話し合いと投票を経て約10個のアイデアに絞りチームを構築。

翌土曜日と日曜日を使い、ビジネスアイデアを顧客開発を通じて仮説検証します。
そうしてリーンスタートアップの考えの基、ビジネスのコアとなる
MVP(minimal viable product)を構築、
日曜夕方に審査員の前でのプレゼンに挑みます。

上位入賞者はイベント終了後、48時間以内に90秒の動画をアップロード、
11月26日から9日間かけてオンライン上で投票が行われ12チームが次の審査へと進みます。

 

世界大会にてグローバルチャンピオンに輝いたチームには、
米国UP GLOBALサポートの下オースティンSXSWへ出場出来るほか、
来年1月のラスベガスCESへのブース出展、シリコンバレーLAUNCH Conferenceへの参加、
ニューヨーク証券取引所NASDAQ市場の見学、Hootsuite・MailChimpの1年間無償利用など、
スタートアップ向けのさまざまな特典が用意されています。

上位入賞者にならなかった場合でもWoman(女性起業家)やEducation(教育分野)など

テーマ別の賞も設けられており、GSB2014の対象となる2週間に開催される
各地のSWに参加したチームは順位にかかわらずエントリーすることができます。

 

Startup Weekend(スタートアップウィークエンド)とは、
アメリカのカルフォルニア州シアトルに本拠地を置く
NPO団体UP Global( http://www.up.co/)が主催するイベント、
または起業家のコミュニティーのことで、2009年、未来の起業家にインスピレーションを与え、
学習の場を提供することを目的として始まりました。

多くのスタートアップを育てることを目指して、都市単位でのイベント開催を行っています。
以来急速に拡大し、現在では700都市で開催されています。

日本のSWは、NPO法人Startup Weekend(東京都渋谷区)のもと、
各開催地のオーガナイザーがボランティアで開催しています。

 

日本で開催されるスタートアップウィークエンドイベント日程(GSB2014対象)

WEEK1 11月14日(金)~16日(日)

スタートアップウィークエンド東京 International ※1

スタートアップウィークエンド横浜

スタートアップウィークエンド新潟

スタートアップウィークエンド大阪

スタートアップウィークエンド福岡

※1  Internationalは英語で進行します。東京はWEEK1にInternational、WEEK2は日本語進行と2回開催されます。

WEEK2 11月21日(金)~23日(日)

スタートアップウィークエンド山形

スタートアップウィークエンド仙台

スタートアップウィークエンド東京

スタートアップウィークエンド東京UNI ※2

スタートアップウィークエンド真鶴

スタートアップウィークエンド信州

スタートアップウィークエンド名古屋 Woman ※3

スタートアップウィークエンド京都

※2 UNIは学生限定のイベントです。

※3 Womanは女性起業家向けのイベントです。ピッチ(発案)が女性に限定されます。
男性はハッカー(エンジニア)・デザイナーとして参加できます。

start up weekend096

最終日のプレゼン、真剣な顔です。

start up weekend073

審査員の方々

start up weekend060

プレゼン前の注意点の説明

start up weekend046

SW代表の李さん

start up weekend043

プレゼン中の様子

start up weekend510

優勝チームへの賞状

start up weekend391

Lean Startup Japan運営する和波さん

start up weekend166

優勝チーム「フリクル」のリーダー八木さん

start up weekend114

各チームが3日間の成果を発表します

 

GSB2014 詳細はこちらでご確認ください。

 


蛇足:Startup Weekend はそこから新しいサービスを生み出すことが第一ではなく、参加者が起業体験をしそれぞれの起業に役立てることが目的です。チームの人数が多いことのメリット・デメリット、アイデアを検証する際のわくわく感、できないかもという絶望、そしてできたときの喜び、そんなものがぎゅっと詰まった場です。

著者プロフィール:
株式会社 EC studio スペース
代表取締役 大崎弘子(オオサカンスペース運営

オオサカンスペース 大崎弘子

Facebook/Twitter @osak_in

専業主婦から、アルバイト、そして社長へ。

大阪生まれの大阪育ち。バツイチ、2児の母。「日本で一番社員満足度の高い会社」として知られる 「ChatWork(旧 EC studio)」社にアルバイトとして入社、SEO・広報・代表 山本敏行の秘書を経て、グループ会社の代表に。大阪の本町にあるコワーキングスペース「オオサカンスペース」を運営。メンバー数120名以上、3年目を迎え協業で生まれたビジネスも成長期に。海の見えるビジネス合宿所「尾崎の家」も完成。3Dプリンターの自作講座、メディア向けピッチイベント「Shoot!」などを開催。会社員の方がITを使って収入を得ることに特化したパソコンスクール「アフィリエイトJelly!」開講。

世界27都市で開催される「IT飲み会」会長、54時間で起業体験をするStartup Weekend Osaka、広報ウーマンなにわ部などを主催、コミュニティ同士をつなぐ。船場経済新聞の編集長、TechWaveと地域情報の発信にも力を入れる。

Event, Startups, World

Posted by OsakiHiroko