HAROiD、電通とビーマップが増資引受 〜 プッシュとO2Oでテレビを変える?【@maskin】

CONTENTS, Deploy, News, StartupsHaroid, ビーマップ, 電通

HAROiDは2015年7月15日、電通およびビーマップを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。

日本テレビとバスキュールが2015年5月25日に設立した新会社で、スマートテレビやスマートデバイスに関連した事業推進をおこなう。

今回の増資で、電通の出資額は約1.2億円。テレビ体験価値のイノベーションのために「テレビを起点にした新しいソリューションや広告商品の開発を支援」するとしている。

一方のビーマップだが「Wi-Fi関連技術、店舗画像監視システム、乗換案内システム、テレビメタデータ、プッシュ配信等」を通信・流通・外食・交通等の社会インフラ企業に提供している企業で「テレビを起点とした生活導線に直結したサービスの企画・構築を目指す」としている。

 東洋経済Onineの記事「日テレ新会社は「ネットとテレビの接着剤だ」」で、HAROiD 代表取締役社長兼CEO 安藤聖泰 氏は「テレビ放送事業とネットの関係性を変える」として、2020年のオリンピックに向け、他局を含めた多様な技術プラットフォームを提供していく考えを明らかにしている。

 実は日本テレビ時代の安藤聖泰 氏は2014年3月にスペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congress(MWC)では、JoinTVとスマートプッシュ技術を活用したO2O2Oソリューションのデモンストレーションを行っており、その際のパートナーがビーマップおよびバスキュールというHaroidステークホルダーによるものだったのだ。

DSC_0074

これまでHAROiDについては情報が少ないため、テレビ側のシステム構築という見方もあったのだが、今回のビーマップの資本参加によりその輪郭がクリアになってきたようだ。なお、出資発表後(後場)、ビーマップの株価は急伸している。



【関連URL】
・電通とビーマップを引受先とする第三者割当増資を実施[PDF]
http://www.haroid.com/img/20150715.pdf

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 2014年のMWCでは、来店者分析ソリューションなどのデモも展開していた。憶するところ、HaroidはテレビとネットをスマートフォンおよびO2Oなど周辺技術で融合させ、それを世界統一プラットフォームとして展開しようとしているのだろう。東京オリンピックでどこまでいけるのか、目が離せなくなりそうだ。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

CONTENTS, Deploy, News, StartupsHaroid, ビーマップ, 電通

Posted by maskin


PAGE TOP