「Instant Webcam」でiPhone/iPadを屋内ウェブカム化、視聴はブラウザでOK【増田 @maskin】

NewsDominicSzablewski, phobolab, WebCcam


[読了時間: 2分]

 ビデオストリーミングやビデオチャット、マス(大衆)を相手にしたサービスはあれど、意外なことに自宅であるとか、会社内を対象としたウェブカム(カメラ)で手頃なものが皆無な状態になっている。あれば便利なのに。

 同じことを感じた PhoboLabの Dominic Szablewski 氏は、WebSocketというウェブブラウザ同士で相互通信を実現する技術仕様を使い、誰もが簡単に使えるウェブカム「Instant WebCam」を開発した。

 カメラ付きのiPhoneやiPad、iPod touchで撮影した動画を、ウェブブラウザから視聴できる。

screenshot_436





 配信用の無料アプリをダウンロードして、「LIVE」ボタンを押せば配信は完了。

 ウェブブラウザから配信している端末のIPアドレスを直接開けば、フルスクリーンで動画が確認できる。

 玄関先であるとか、小さなお子さんの部屋とか、室内の状況をウォッチするには最適。使ってないiPhoneなどをウェブカムとして活用してはどうだろうか

 なお、1つのウェブカムからの配信を複数のウェブブラウザから覩ることは可能だが、同じWi-Fiネットワークで接続している端末同士に限定される。
 




【関連URL】
・Instant Webcam
http://instant-webcam.com/
・iOS向けゲームが15分で開発できる、高速HTML5ゲームエンジン「IMPACT」登場 【増田(@maskin)真樹】
http://techwave.jp/archives/51534698.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 開発したDominic Szablewski 氏は、あの有名HTML5ゲームエンジン「IMPACT」の開発者。ゲームデザインセンスはもちろん、60fpsを発揮するエンジンを生み出すなど、イマジネーションと技術を上手に融合する手腕が評価されている人物。InstantWebcamも、シンプルなアイディアだが、セットアップフリーでウェブカムが使えるようになるなんて素晴らしい。
著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング→週刊アスキーなどほとんど全てのIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ブログCMSやSNSの啓蒙。ネットエイジ等のベンチャーや大企業内のスタートアップなど多数のプロジェクトに関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 Rick Smolanの24hours in CyberSpaceの数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演している。現在、TechWaveをリボーン中。中長期プランニングやアドバイザリー活動で定評がある。(@宇都宮ー地方から全国、世界へを体現中)
mail メール maskin(at)metamix.com | ChatWork(Voice/Video) | 詳しいプロフィールはこちらTwitter @maskinFacebook
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP