「業務終了」プレートを裏返すとシステム終了→自動バックアップ、FlipCastで実現

IoT

「誰にでも目に見える形でクラウドのサービスを利用することができないか?。例えば、キャンディーケースを裏返したら、サーバーの処理が実行されたりするように」・・・そんなソニックス代表取締役社長 吉澤武則氏の夢が叶う日がやってきました。

写真のように、キャンディーケース型の札を「STOP」という面にひっくり返すと、サーバーの作業環境を停止し、必要なバックアップを安全に行ってくれるなど一連の処理を行ってくれるというのです。

このシステムは、ソニックス社が開発したIoTデバイス「FlipCast(フリップキャスト)」(リアルワールドとクラウドを結ぶ太陽光発電+iBeaconデバイス「FlipCast(フリップキャスト)」)と、システム運用管理製品などを手がけるユニリタ社の「CloudGear OpsController(クラウドギア オプスコントローラ、以下FCCGO)」との連携で実現したものです。

ユニリタ社の「FCCGO」では、仮想マシンなどの起動や停止、各種ジョブの実行やアプリケーション間の連携をあらかじめ設定しておくことで、特定のトリガーやスケジュールで自動で処理できるというもので、デバイス「FlipCast」の動きと連携することで複雑な処理を物理的なモノの操作だけで処理してくれるというものです。

「FCCGO」では複数のアカウントや、多様な環境を統合的に管理することが可能で、冒頭の写真のように、仕事を完了して帰宅する時にプレートを「STOP」にすれば、必要な終了処理やバックアップを安全に行ってくれる仕組みです。もちろん、朝出社して作業を開始するときも、プレートを「START」にするだけで準備が完了します。

シンプルな組み合わせですが、ブラックボックスになりがちな管理体制をわかりやすくすることでITシステム運用全体の最適化を図ろうと考えているとのことです。

【関連URL】
・ユニリタ、ソニックスの3軸加速度センサーを使ったIoTデバイスで新しいワークスタイルを提案
https://www.sonix.asia/news-list/events/release20170511
・リアルワールドとクラウドを結ぶ太陽光発電+iBeaconデバイス「FlipCast(フリップキャスト)」
http://techwave.jp/archives/sonix-flipcast-launching.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 IoTはもはや成熟市場になりつつある。奇抜なアイディアの製品よりも、現実世界の中で実用的に使えるものが求められている。この取り組みも「なんだ、バッチコマンドを一つ作っておけばいいじゃないか?」と思う人もいると思うのだが、組織の中で何がどう動いているか見えにくいITシステム管理において物理的に状況を見えるようにすることはチームのコンセンサスを得るための効果がありそう。こんなステータスボードがシリコンバレーで注目されたこともあるが、チームの動きを把握する上ではモノがからんだほうがわかりやすい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in IoT
リアルワールドとクラウドを結ぶ太陽光発電+iBeaconデバイス「FlipCast(フリップキャスト)」

ソフトバンクがIoTスタートアップ支援、一等地店頭マーケティングからグローバル展開まで @maskin #fishfukuoka2017

Origami、日本交通のタクシー3500台でスマホ決済対応へ @maskin

Close