MetapsもC2Cフリマ参入、決済フリーミアム「SPIKE(スパイク)」ブランドで物々交換アプリ 【@maskin】

NewsC2C, Metaps, Spike, スパイク, フリマ, メタップス, 佐藤航陽, 決済


[読了時間: 2分]

 決済手数料0%、初期費用や月額費用も無料という決済サービス「SPIKE(スパイク)」を運営するメタップス(Metaps Pte. Ltd.、本社:Singapore)は2014年6月9日、激化するC2Cフリマ市場に向けAndroid用アプリ「SPIKE BOX」の提供を開始した。

 このアプリは、友人と持ち物を交換できるサービスで、スマホから登録した持ち物に「売る」「貸す」「交換する」「あげる」を付与することでチャットなどを通じ、いらないもの等を有効活用できるようにするというもの。

 オークションなどに出品している時間が無い人も、Facebookでつながった友人と共有することで、無駄無く持ち物を活用することができるという発想。現在提供されているものはAndroid番のみで、使用料は無料。

 「SPIKE」ブランドでは「価値をリアルタイムで交換できるようにする」というミッションを考えている。 




【関連URL】
・サービス紹介ページ
http://box.spike.cc/ja/
・決済プラットフォーム「SPIKE」、知人間で持ち物をシェアできるアプリ 「SPIKE BOX」のAndroid版をリリース
http://www.atpress.ne.jp/view/47197



蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 先日、メタップス CEO 佐藤航陽さんに当事業についての話を色々と伺った。彼が描いているのは、この10~20年の短い商業IT&インターネットの歴史の積み重ねの延長線上にあるのではなく、デジタル&ネットネイティブ層の価値観や経済的変容という薄いベールに覆われたメインストリーム上にあるビジネススキームだ。それは、ハイリスクなチャレンジというよりは、ちょっと見方を変えれば平然と市場に横たわる世界で、計算の上で構築されていることだったりする。C2Cとして一括りにしてしまっていいのか悩むところであるが、今後のIT&インターネットで鍵となるのは「個と個の間にある何か」であることは間違いないと思う。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP