レストランスタッフが自宅にやってくる、UberEATSを超える配達サービス

RE:LIFE

お気に入りのレストランの料理をUberのスタッフが配達してくれるサービスが「UberEATS」だとすると、「マイシェフクイック」はレストランがそのまま自宅に来てくれる感覚のサービスといえるでしょう。

オーダーをするとレストランのスタッフが自宅にやってきて接客、最終調理・キッチンの後片付けまでやってくれるのです。

自宅で接客・片付けまで

「マイシェフクイック」は、スマホなどで簡単に依頼ができ、レストランで調理をした料理をレストランのスタッフが配達し、提供先のご家庭のキッチンを使いながら配膳、一連の接客をこなして最後は後片付けまでやってくれるというものです。

料理は前菜、前菜、パスタ類、メインの4品コースで、料金は1人あたり4000円〜5000円。オーダーは2名以上から8名まで。提供エリアは東京23区・武蔵野・川崎・横浜などに限定されています。事前に、キッチンの状態などを確認した上で予約を成立させ、当日はスタッフ到着後30分ほどで料理が提供できます。

シェフの派遣ビジネスは世界でも知られていますが、レストランの機能をまるごと配達できるサービスは珍しいといわれます。また、一般の派遣と比較すると追加料金などが発生しないためリーズナブルな内容になっています。

シェフ派遣事業からの拡大

このサービスを展開するのは、一般家庭向けにシェフを派遣するサービス「マイシェフ」を展開するマイシェフ社。これまでのサービスは、1名様分3000円〜6000円(食材費,交通費,出張費,消費税込み)でシェフを派遣するというものでした。

いずれも育児に忙しい家庭や高齢者がいる家庭、記念日などの演出として利用されてきましたが、出張レストランサービス「マイシェフクイック」では、レストランの料理をより楽しめるだけでなく、準備・接客から片付けまでレストラン品質で行ってくれるようになります。

加盟するレストランは、東京・自由が丘の「TANTE RISA 笑多」など、小規模ながら有名な店舗も選択可能。今後、店舗数やエリアを拡大していきたい考えです。

【関連URL】
・マイシェフクイック
https://quick.mychef.jp

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 ファストフードの存在意義は結局のところ時短であり、別においしくないモノや不健康なものを食べたいわけではない。誰だってリーズナブルでおいしいモノを手間無く食べたいもの。おいしいものを突き詰めるとトータルなサービスバランスが不可欠で、有名料理店の料理がプラスティックの入れ物で運ばれてもどうにも味気ないわけで、そう考えるとマイシェフクイックのサービスは魅力的だ。残念ながら筆者の住んでいる栃木県ではサービスを展開していないのでお預けだが、働き方や生活の仕方が変容する今の時代にフィットした多くの家庭で求められるサービスのように思う。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in RE:LIFE
サイバーエージェント4本目の柱を目指す「カップリング事業」横断組織統括リーダー 合田武広 氏の戦い @maskin

佐藤ねじ×ハブチン対談『自分のブルーパドル』を見つけてはたらこう

遊び・体験のオンライン予約サイト「あそびゅー!」がリニューアル。予約コールセンターを開設へ

Close