日本のAIスタートアップABEJA、米Nvidiaより出資 戦略投資パートナーとしてトップ採択

Tokyo, 人工知能

リテール(小売り)店舗における人の流れなどのデータを蓄積し分析することで経営施策の改善に役立てられるAI技術を使った事業を展開する東京のスタートアップABEJAが、米プロセッサ大手NVIDIAから2016年に出資を受けたことが発表されています。


NVIDIAは、グラフィック描画処理や多様な演算処理技術およびプロセッサ開発を展開する企業で、近年は人工知能分野の演算技術に着目し急成長しています。

今回、ABEJAが対象となったのはNVIDIAの「GPU VENTURES PROGRAM」で、2016年に戦略的投資パートナーのトップ6社に採択されているとのことです。

ABEJAを一緒にで採択されたのは以下の通り。

ABEJA – 人工知能によるリテール分析システム(東京)
Datalogue – コーネル大学発のAIデータマイニングプラットフォーム(ニューヨーク)
Optimus Ride – MITからスピンオフした完全自動運転自動車を開発する企業
SoundHound – 音声対応のAIソリューションを開発するスタートアップ(シリコンバレー)
TempoQuest — GPUパワーによる高速天気予報を開発(コロラド州ボルダー)
Zebra Medical – 医療画像を判別するAI技術を開発(イスラエル)

NVIDAは、AI分野の新興スタートアップを支援するプログラム「NVIDIA INCEPTION PROGRAM」を展開しており、出資プログラム「GPU VENTURES PROGRAM」もその一連の取り組みに含まれているようです。

【関連URL】
・NVIDIA Adds Six AI Startups to Its GPU Ventures Portfolio
https://blogs.nvidia.com/blog/2017/04/26/nvidia-six-startups-gpu-ventures/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 オンプレミス(組織設備内で設置運用)型のディープラーニングでは欠かすことのできないNVIDIAのプロセッサ。グラフィック能力の延長線上に3D演算などがあり、VRやARでも欠かせない存在だ。実は現在注目されているIT領域の鍵を握る企業であるといっても過言ではない。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Tokyo, 人工知能
サイジニア、インスタ写真等に映っている商品購入の特許取得 PASHALY(パシャリィ)で活用

人工知能SENSYによるバリューチェーン最適化がもうすぐ実現、運営のカラフル・ボードがアパレル大手らからシリーズB 8億円調達

[詳説 Clova] LINEが狙う「お茶の間」、世界HOME覇権争いにスマートポータルで挑む @maskin

Close