PINE BOOKは89ドルで購入可能、64ビットクアッドコア搭載 のオープンソースノートPC【@maskin】

CrowdFundingPINE64, PINEBOOK

手のひらサイズのボード型コンピュータでありながら64ビットのパワフルなプロセッサを搭載すると話題になった「PINE A64」。本体価格は15ドル。米クラウドファンディング大手KickStarterでは、173万1465米ドル(1ドル=110円換算で1億9000万円)の調達に成功するなど伝説的なキャンペーンとなった。

この「PINE A64」のパワーをノートPCにしようという取り組みがスタートしている。その名も「PINE BOOK」。なんと11インチモデルは89ドルで14インチでも99ドルという破格の設定だ。

pinebook_size1

機能仕様は以下の通り。4K動画を再生するくらいのパワーはある。内蔵されるコア基盤は、より小型化された「SoPine」が使用される見込み。インストールできるOSはボードコンピューター「PINE A64」に準拠するということで、LinuxやAndroidなど。

CPU :64-Bit Quad-Core ARM Cortex A53
RAM :2 GB LPDDR3 RAM Memory
Flash:16 GB eMMC 5.0
Wireless :WiFi 802.11bgn + Bluetooth 4.0
Mini HDMI :1
USB 2.0 Port :2
MicroSD Card Slot :1
Headphone Jack : Microphone :Built-in
Keyboard :Full Size Keyboard
Touch-pad :Large Multi-Touch Touchpad
Power : Input: 100~240V, Output: 5V3A
Battery :Lithium Polymer Battery (10000mAH)
Display :11″ or 14″ IPS LCD (1280 x 720)
Front Camera :1.2 Megapixels
Dimension :352mm x 233mm x 18mm (WxDxH)
Weight :1.2 kg (2.65 lbs)

【関連URL】
・PINEBOOK | PINE64
https://www.pine64.org/?page_id=3707

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016  Linuxというとアプリケーションが限られており使い勝手の面で不安を感じる面があると思うのだけど、今やクラウドの時代。メールも業務システムもむしろウェブブラウザで使用できないのはどうなのよ?という環境にあるため実際使い始めてみるとほとんどの人は何ら問題は感じないだろう(Windowsをインストールできるようにするという動きはあるようです)。数年前ネットブックと呼ばれる格安小型ノートPCが流行したことがあったけど、その再燃?があるのかもしれない。もちろん今はスマホが普及している時代なので別の普及の仕方になると思うけど。ところでこのPINE A64は、ボードPCに始まり、IoTの領域などでの活用が期待されているわけだけど、PCの登場でその幅がさらに拡大しそう。ハードウェアのプラットフォームとして普及するとなると、OS競争に近い新たなプラットフォーム戦争が生まれる可能性も考えられなくもない。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

CrowdFundingPINE64, PINEBOOK

Posted by maskin


PAGE TOP