スタートアップが押さえておくべき法律基礎勉強会(大阪) @osak_in

Eventスタートアップ, 大阪, 法律

【無料法律勉強会】スタートアップ・ベンチャーが押さえておくべき法律基礎

スタートアップ企業はいつも法的リスクと隣り合わせです。
そして、大阪では法律を気軽に学べる機会はそう多くありません。

大阪のコワーキングスペース「オオサカン」のメンバーサービスである「法律相談チャット(弁護士法人 リーガルアクシス 代表弁護士 立石量彦弁護士)」にも、相談場所を求めて法律関連の濃い相談が寄せられます。

そんな環境の中、柿沼太一弁護士(STORIA法律事務所)が「スタートアップと一緒に仕事をするのは儲からないけど楽しい」と発言したところから法律を勉強できる無料勉強会が企画されました。

資金が豊富でないスタートアップ企業は、大切だと知ってはいても弁護士さんに相談することを躊躇しています。

弁護士とスタートアップ企業が交流する機会が少ないことがひとつの原因だと思いますので、1年間に渡り定期的に勉強会を開催します。立石弁護士や柿沼弁護士のようにいますぐ利益をあげるのではなく、スタートアップを支援したいと思っていただいている弁護士さんの存在を知っていただければと願っています。

勉強会後にはその場で懇親会を開催し、弁護士さんとはもちろん、参加者同士が将来につながる関係作りができるように働きかけます。

さらに、勉強会に来られた方には無料で個別相談をお受けできるように準備を進めています。

スタートアップ・ベンチャー企業・起業したい方はもちろん、フリーランス・会社員のかたも法律の勉強に興味がある方はお気軽にご参加ください。

[[詳細・お申し込みはこちら]]

【無料法律勉強会】スタートアップ・ベンチャーが押さえておくべき法律基礎

開催概要

開催日:11/2(水) *祝前日
開催時間:19:00〜20:30 勉強会 / 20:30〜22:00 懇親会
参加費:勉強会:無料 / 懇親会:2,000円
*懇親会は、ドリンク(アルコール・ソフトドリンク)と軽食をご用意します。

(第一部)19:00〜20:00
・契約書の基礎の基礎
・利用規約の基礎の基礎
・パクリってまずいんですか?
・外注を受けるときにはここに気をつけて!
・こんな契約で出資受けたらダメ
・人を雇うときはココに気をつけて

お話しする内容の例:
ベンチャーが大企業から契約書案を提示されたときに必ずチェックすべき5つのポイント
▼ 大事なものを渡していないか
▼ 損害賠償が青天井になっていないか
▼ 過度な保証を求められていないか
▼ 期間が短すぎたり長すぎたりしないか
▼ ベンチャーにとって独禁法は頼れる味方

(第二部)20:00〜20:30
【ネットに書けない法律裏話】
法律的にグレー?違法じゃないけど大丈夫なの?
最新サービスなど事例を用いてサービスを法律的な側面から解説します。


[[イベント詳細・お申し込みはこちら]]


【関連URL】

主催:
株式会社 Kaeru(オオサカン運営) http://www.osakan-space.com/
STORIA法律事務所 http://storialaw.jp/

会場:中央会計セミナールーム(大雅ビル3F)


著者プロフィール:
株式会社 Kaeru(オオサカンスペース運営
代表取締役 大崎弘子

オオサカンスペース 大崎弘子

Facebook/Twitter @osak_in

専業主婦から、アルバイト、そして社長へ。

大阪生まれの大阪育ち。バツイチ、2児の母。「日本で一番社員満足度の高い会社」として知られる 「ChatWork(旧 EC studio)」社にアルバイトとして入社、SEO・広報・代表 山本敏行の秘書を経て、グループ会社の代表に、後にマネジメントバイアウト(MBO)。大阪の本町にあるコワーキングスペース「オオサカンスペース」を運営。

スポーツ自転車に特化した駐輪場「ヴェロスタ」海の見えるビジネス合宿所「尾崎の家」「アフィリエイター同士のコミュニティatus(ええタス)」など様々な場作りを積極的に行う。世界30都市以上で開催される「IT飲み会」会長、54時間で起業体験をするStartup Weekend Osaka、広報ウーマンなにわ部、広報実践講座などを主催、コミュニティ同士をつなぐ。船場経済新聞の編集長、TechWaveと地域情報の発信にも力を入れる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Eventスタートアップ, 大阪, 法律

Posted by OsakiHiroko


PAGE TOP