DG Labが「食べログ」のデータベースを活用した対話型AIプラットフォーム構築、オープンプラットフォームとして提供へ

人工知能

デジタルガレージ・カカクコム・クレディセゾンの3社が運営する研究開発組織「DG Lab」は2017年6月20日、独自開発のAIシステムを活用し、検索に変わる対話型オープンプラットフォームの構築に乗り出すと発表しました。

第一弾は「食べログ」に連動したチャット形式のレストラン検索サービスを試作するとのことです。

「食べログ」に掲載されている約85万件のレストラン、約1880万件の口コミ投稿(2017年5月現在)などを独自の人工知能システムで処理し、ユーザーがチャット形式で地名や食べたい料理の種類などを送信すると、その内容に応じたレストランを提供するというものです。

この取り組みではオープンプラットフォームとして、この仕組みを「外部のAIエージェントシステム」から利用することができます。これによりスマートフォンのアプリはもちろん、家電製品などから文字や音声による対話型の情報獲得の体験を提供することが可能になります。

DG Labは、ウェブサービスの情報をエンドユーザーに届ける今回の「食べログ」のようなものから「コールセンターの業務負荷軽減ツールなど」(報道発表分より)さまざまな用途に展開する考えです。

なお、今回発表された対話型「食べログ」は、DG Labが2017年7月25・26日にかけて東京開催するイベント「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2017 TOKYO」(DG Lab が「バイオテクノロジー」にフォーカスする理由、伊藤穰一氏ホストイベントの主要2テーマに採択)で体験できるデモブースが設けられる予定です。

【関連URL】
・DG Lab、人工知能を活用したインタラクティブ・エージェント技術のオープンプラットフォームを構築
http://www.garage.co.jp/ja/pr/2017/06/20170620.html
・DG Lab が「バイオテクノロジー」にフォーカスする理由、伊藤穰一氏ホストイベントの主要2テーマに採択
http://techwave.jp/archives/why-does-dglab-focus-on-bio-technolory.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 いわゆるチャットボットのエージェントシステムのオープンプラットフォーム化とでもいえばいいだろうか。かつてWeb2.0などと呼ばれたWeb API公開の流れと類似するものもあるが、この場合はいわゆるクエリーを投げて情報を返すだけ、といったものではなくインタラクティブなエージェントに育てたシステムをオープンにするというものなので、レベル感が違うように思うが実際はどうか。AIと自然言語処理を活用した対話型プラットフォームは確実に大きくなるだろうから、今回のような既存サービスの適用でどれだけ有意義な反応が得られるかが試金石となりそう。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in DG Lab, デジタルガレージ
DG Lab が「バイオテクノロジー」にフォーカスする理由、伊藤穰一氏ホストイベントの主要2テーマに採択

ブロックチェーン最新技術を学べる15セッション全ての動画と資料が公開、DG Lab

デジタルガレージ、富裕層向け事業に注力へ 長期投資策の一環

Close