人工知能でコーデ写真から商品を探してくれるアプリ「PASHALY(パシャリィ)」公開、サイジニアがビジュアルコマースに賭けるその理由とは @maskin

人工知能PASHALY, scigineer, サイジニア, ショッパブル, デクワス, パシャリィ, ビジュアルポータル, 吉井伸一郎

写真などから類似するモノを探すサービスといえばAmazonの商品検索だったり、Googleの画像検索だったりというものがしばらく前から存在し、近年の人工知能の浸透により精度が高まるといった機能向上が顕著になっています。

日本のサイジニアが2017年2月13日にリリースしたiPhone用アプリ「PASHALY(パシャリィ)」は、単なる画像検索ではありません。写真に写った人物が着用しているファッションアイテムを、アウターやパンツ、シューズ、ストールといった具合に分類し、かつそれぞれにおいて実際にECで販売されているものの中で類似するものを提案してくれる機能を持っています。

このアプリはサイジニアがマーケティングなどに活用できるデータ分析技術ラインナップの一貫として誕生した「デクワス.CAMERA」という技術を使用したもので、人工知能分野のディープラーニング技術によりコーデ写真から何を着用しているか識別しています。

実際、タレントのりゅうちぇるさんが自身のブログに掲載しているコーデを「PASHALY(パシャリィ)」で撮影すると、どのようなファッションアイテムを着用しているかを分析して、そのジャンルごとにボタンが表示されます。(?が付いているのは、確実性が不足していると認識エンジンが判断している場合。また現時点でF1層(20歳から34歳までの女性)を対象としているためそれ以外の層のアイテムはマッチ度が甘い傾向が見受けられます)


PAGE TOP
More in 人工知能
Microsoft Translatorがニューラルネットワーク対応翻訳を開始、Google翻訳との差異は? 【@maskin】

アースアイズ、五感を持つ人工知能搭載セキュリティカメラロボットを販売へ 【@maskin】

Keras.js – 機械学習をブラウザ上で実行できるJSライブラリ、GPUパワーを使用 【@maskin】

Close