最も破壊的な宇宙ベンチャー100社に日本の流れ星ベンチャー「ALE」がノミネート

宇宙

ほんの10年前まではまだSFの世界の話を思われていた「宇宙ビジネス」。しかし、今は民間のロケットや宇宙船、衛星が運営されるだけでなく、宇宙を舞台としたさまざまなビジネスが 立ち上がりつつあります。

そんな中、アメリカのオンラインメディア「Disruptor Daily」は、「世界で最も破壊的な宇宙企業 トップ100(2017年版)」を公開。イーロン・マスク氏の「Space X」社とならび日本の宇宙ベンチャー「ALE」が名を連ねています。

流れ星を人工的に作る

ALE社は、科学技術を駆使して夜空に人工の流れ星シャワーを振らせる「人工流星技術」を開発しています。技術とエンターテインメント・アートの融合です。

SkyCanvas Promotion Movie 2016 from Sky Canvas on Vimeo.

低軌道と地上軌道の間に位置する人工衛星から流星のモトとなる素材を放出し大気中で燃やすことで流星のような光のシャワーを振らせる計画です。流星の輝きは200km圏内から視認できるそうです。また、さまざまな化合物を組み合わせ、さまざまな色の流星を作る研究も重ねている状態です。

プロジェクトメンバーの首都大学東京・佐原教授 / 日本大学・阿部准教授がJAXA相模原キャンパスの特殊実験棟にてアーク風洞実験を行った際に仕様した機材

ALEは、2016年12月に個人投資家によりシードラウンド投資として約7億円を調達しており、同社の「人工流星技術」をつかった大規模エンターテインメントイベントを実行委員会形式で実施する「「SHOOTING STAR challenge」プロジェクト」を2019年の実現に向けてスタートしています。

【関連URL】
・Top 100 Most Disruptive Space Companies in 2017
https://disruptordaily.com/disruptive-space-companies-2017/
・ALE | 衛星から人工流れ星を流す宇宙ベンチャー
http://star-ale.com

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 初めてプレゼンテーションを聞いたのがたしか3年程前。技術とエンターテインメントの融合、夜空に浮かぶ流星シャワーはどれほど美しいのかと感動したことを覚えています。これまで、代表の岡島礼奈氏は2020年の東京オリンピック・パラリンピックで流れ星シャワーの演出をすることを目標に掲げていると発言しており、海外報道で一時話題になったこともありましたが、それくらい大きなインパクトであるのは間違いなさそうです。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in ALE, 人工衛星, 宇宙, 岡島礼奈
今朝6時すぎ、機体移動後のH-IIBロケット
「こうのとり6号機」に搭載、人工衛星の開発者インタビュー【@Naruki】

位置情報ビジネスに大変化? 国産初のGPS衛星 11日に打ち上げ 【増田(@maskin)真樹】

Close