YCスタートアップスクールのオンライン講義が4/5スタート @maskin

Startups

米 YCombinatorといえばスタートアップ支援で有名です。投資も行いますが、彼らが展開する3か月間のアクセラレーションプログラムに参加することはスタートアップ起業家としては憧れと言っても過言ではありません。

そんなYCombinatorがオンラインで受講できる「スタートアップスクール」を2017年4月5日から開始すると発表しました。申し込みは公式サイト「StartupSchool.org」から誰でも行えます。



スタートアップスクールは、YCombinatorのスタートアップ支援プログラムの内容をオンラインでも体験できるようにするものです。

起業家がどうアイディアを得て、どやって素晴らしいプロダクトを組み立てるか、どう成長するか、どうカルチャーを作るか、資金調達の方法は、、などなどスタンフォード大学で行われる有益な講義の30-40%をビデオで聞くことができます。

教壇に立つのは(敬称略)Alan Kay・Jan Koum (WhatsApp)・ Patrick Collison (Stripe)・Steve Huffman (Reddit)・Adam D’Angelo (Quora)・Alex Schultz (Facebook)・Tracy Young (PlanGrid)・Jason Lemkin (SaaStr)・Harry Zhang (Lob)・Dalton Caldwell (YC)・Emmett Shear (Twitch)・Michael Seibel (YC)・ Kirsty Nathoo (YC)・ Vinod Khosla (Khosla Ventures)・ Ali Rowghani (YC)・Jess Lee (Sequoia)・ Aaron Harris (YC)。

また、週一回アドバイスを得られるセッションがあり、Slackとメールによってクラスメート(受講者)との交流も可能です。10週間のプログラムの最後にはピッチイベントも開催されるとのこと。

【関連URL】
・YC’s Online Class (Sign up at StartupSchool.org)
https://blog.ycombinator.com/onlineclass/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 創設者Paul Graham氏の理念が生き続けるYCombinator。短期間で起業家を育てあげるプログラムに込められた内容がどれほどのものか体験するいい機会。僕が現地に浸かっていたのは1990年から2000年くらい。ITスタートアップが勃興し(2000年バブルが崩壊した)ていた頃だ。シリコンバレーは街全体が創造にコミットしてる。今はだいぶ様子が変わっていると思うが、日本スタートアップシーン(あるのかどうかわからない感じだけど)との違いは「創造・創出への熱狂」と「エコシステム」の2点。日本にはなく、シリコンバレーにはある。その差はどんどん離れていっているようだ。そういう意味ではこのオンラインプログラムは日本にとってとてもいい機会。誰でも気づき、第一歩を踏み出すことができる。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in YCombinator
シリコンバレーのアクセラレータは3ヶ月で1億円以上の価値を育てる【@itmsc】

「 SMRZr 」YouTubeの動画を要約してシェアするサービス(ただしアナログ)【@maskin】

「RAIZIN JAPAN」HTML5 CANVASを使用した冷気の表現が話題に 【@maskin】

Close