「攻める体制が整った」東南アジアで新興国向けモバイルサービスを展開するYOYOが約1.3億円の資金調達を発表【@suni】

App, Asia, Indonesia, News, Startups, WorldYOYO, インドネシア, スタートアップ, タイ, フィリピン

[読了時間: 1分]

新興国向けのモバイル報酬プラットフォーム「Candy」を東南アジアで展開しているYOYOが、グリーベンチャーズ、サイバーエージェント・ベンチャーズ、インキュベイトファンドの3社への第三者割当増資により約1億3千万円の資金調達を行ったと発表した。
それぞれの出資額は非公開。
プレスリリースはこちら。
日本語:http://yoyo-holdings.com/press20140521_jp/
英語:http://yoyo-holdings.com/press20140521_en/


YOYOはDeNAのOBである深田氏と尾崎氏がシンガポールで起業した会社。
2013年からフィリピンで新興国向けのモバイル報酬プラットフォーム「Candy(http://can-dy.ph/)」を提供している。
「Candy」は、ユーザーはサービスから提供されるミッション(アンケートや質問に答えたり、アプリをダウンロードするなど)をクリアすると、プリペイド携帯で使える通話料を受け取ることができる仕組みで、昨年フィリピンでベータ版が公開された際には目標値を大幅に上回るユーザーが集まり、ベータ版のクローズを予定より早めたほど。


2014年5月時点で、YOYOはフィリピンのほかインドネシアとタイで「Candy」を展開中。
3カ国のユーザー数はすでに25万人を超えている。
candy_screenshot


今回の資金調達について、YOYO深田氏によると「攻める体制が整った」。
会員獲得と他国展開を加速し、さらに新規事業の創出にも力を入れるとのこと。


フィリピンは開発拠点という位置づけでもあり社員のほとんどはフィリピンのクロスコープマニラにあるオフィスで勤務しているが、今月から1名がタイに送り込まれており、また今回の資金調達によってインドネシアのジャカルタに拠点を持つサイバーエージェント・ベンチャーズとの強いタッグも予想される。


採用にも積極的に乗り出すとのことなので、腕に自信のあるサムライ・クノイチはぜひ応募してみてはいかがだろうか。
採用特別サイト:http://yoyo-holdings.com/new-career-jp/



※YOYOの皆さんの集合写真。CEO深田氏のブログより。

【関連リンク】
Candy – http://can-dy.ph/
YOYO HOLDINGS PTE. LTD – http://yoyo-holdings.com/
YOYO_logo


蛇足:私が思うに…
suni クロスコープマニラに入居しているYOYOのオフィスは私の勤務地から近くよく遊びに行くのですが、最初はたった2人だけで狭いオフィスを借りていたのがいつしかこんなにたくさんの人がいて…。感慨深いです。その辺りのストーリーは手前味噌で恐縮ですが、こちらをぜひご覧ください。
メンバーは多国籍(日本人、インド人、フィリピン人)で、オフィスでは日本語・英語・タガログ語が飛び交っています。共通言語や興味関心の範囲が近いメンバーがそれぞれの強みを活かして強いチームを作っているんだと、行くたびに感じます。
余談ですが、DeNA出身者の会社がグリーベンチャーズから出資を受けるのも味わい深い出来事だなぁと思いました。恐らく両社共にそんなことは微塵も気にしていないと思いますが。
著者プロフィール:Suni

日本でメーカーのSE、ブログサービスのプロマネ、スタートアップの広報・営業、ニートを経て、2013年7月にフィリピンの日系SIに現地採用で入社。「夏休み最終日のお母さん」のような仕事をしています。

Twitter | Facebook | ブログ

Suni

日本でメーカーのSE、ブログサービスのプロマネ、スタートアップの広報・営業、ニートを経て、2013年7月からフィリピンで働いています。YOYOには2015年4月にジョインしました。
フィリピンでの奮闘記はこちら。http://sunikang.blogspot.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP