アクションスポーツも測定可能な超高精細三次元モーショントラッカーだ!【@MICKEYTACHIBANA】

App, Event, IoT, News, Wearable, World, 位置情報CES2014, iPhone, sports, wearable, スタートアップ, 位置情報

[読了時間: 2分]

サーフィンのプロ大会のジャッジは得点表に成功した技のポイントを付けていく。競技セッション中のポイントを集計して優勝者が決まる。体操とかもほぼ同様だが、アクションスポーツの選手はもっとリアルな数字を求め始めている。例えば貴方がカイトボード選手だったとしたら、ジャンプの高さやスピード、回転の角度やスピード、着地した際の衝撃度など、技のポイントというよりも、いわゆる生のデータが記録したい筈だ。ここでまたウェアラブル技術の登場だ。

Xensrは3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー、3軸磁気センサーそれに圧力センサーも付いている。これをiPhoneケースに仕立てたものがXensrCaseで、防水アームバンドに入れて使用する。今回の展示では、それに加えてまだ開発段階にあるXensr+を発表。こちらはOreoクッキーより小さな金属ケースに収まっていて、これをスケートボードやサーフボードのデッキ部分に穴を開けて埋め込んで使用する。Xensrは一秒間に400回のサイクル、わずか3mmの誤差範囲で3D位置データを記録する。もちろんGPSベースのソリューションとは全くレベルが違うといったところだ。マリンスポーツだけに限らず、標高差のあるダートレースとか、オートバイのジャンプ競技とも言えるフリースタイル・モトクロスなど応用範囲は無限大だ。XensrCaseは今の所iPhone 4/4s用だけで$149.95。iPhone 5/5S用やXensr+は現在開発中だ。

http://xensr.com

【関連URL】
・Kickstarterのページ
http://www.kickstarter.com/projects/840314684/xensrcasetm-3d-sports-tracking-for-iphone-and-ipod

・Xensrを付けてウインドサーフィンしている動画

http://www.youtube.com/watch?v=TyHLBe6__rc

・Xensr チームの人間離れしたカイトサーフィンの動画

http://www.youtube.com/watch?v=ie_Acz7PZDE

 

蛇足:Mickey’s インスピレーション

1年前にKickstarterで個人投資家を募集していたようだが、なんとか製品化にこぎ着けたようで嬉しい限りだ。スポーツ以外にもゲームやアニメーションの為のモーションデータの収録など、応用範囲は広い。また、GPS内蔵のアクションカメラと一緒に使う事で、ビデオとモーションデータを時間軸で同期しレイヤー統合した動画を作成する事で、より楽しめ利用価値がある競技記録が残せる。イベントの記録動画って自分もそうだけど、撮りっぱなしであまり見ない事が多い。Xensrを使ってビデオ動画をスキルアップの為に生かせる戦略的記録資料として残してみてはどうだろうか。The Internet of Sports。貴方はどう思いますか?

Mickey Tachibana

1995年からサンフランシスコ・ベイエリア在住。地図のゼンリンの米国法人CEOを経て、アルファテック研究所を設立。日本企業とSFベイエリア/シリコンバレー企業とのパートナーシップ支援/経営戦略シンクタンク。全てのデバイスが相互に接続し、社会インフラとして人々の生活に日々変化が起きているこのタイミングで、米国のテクノロジートレンドを現在進行形でリポートしていきます(つまり半年後の日本を皆さんにシェア)。評価する際の最初の5分の感覚を鈍らせないように玄人になりすぎないようにする事、かつ広範囲に定点観測しテクノロジーランドスケープを逐次更新する事で、変化の先にある大きなイノベーションを独自の嗅覚でイメージします。というか、電子音楽家、アートイベントキュレーター、ケーブルTVプロデューサー、右脳型でかつ守備範囲が広いマイペースなテクノロジー探検家として知る人が多いかも。ご連絡はmickey_t[at]mac.comまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP