100億曲めの音楽購入者、スティーブ・ジョブズからの電話にびっくり

News

「おめでとうございます!あなたがAppleのiTunes Storeで購入された楽曲は、iTunes Store
がスタートしてからの販売100億番目の曲になります。わたしはスティーブ・ジョブズです」ー。こんな電話がかかってきたら、あなたならどうするだろうか。「冗談はやめろよ、だまされないぞ」と答えるのではないだろうか。それがまさしく、米ジョージア州のLouie Sulcerさんのリアクションだった。


 それでも電話の向こうの人物は、いや、本当なんです。わたしはスティーブ・ジョブズです」と言ってきた。「うそだろ」「本当です」・・・。こんなやり取りを3往復ほど繰り返したのち、Sulcerさんが電話のナンバーディスプレイならぬIDディスプレーを見てみると「Apple」と表示されている。「えー!!本物なんだ!」「だから本物って言ってるじゃないですか」。

 米誌RollingStoneのオンラインサイトによると、Appleは100億曲めの購入者としてSulcerさんに1万ドル分のiTunesカードをプレゼントしたという。ちなみに100億番目の楽曲はJohnny CashのGuess Things Happen That Wayという曲だったという。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Apple, iTunes, スティーブ・ジョブズ
AppleはiPhone OSで次に何を作ろうとしているのか
Appleのクラウド戦略の拠点を空撮
ジョブズ氏がFlashをこき下ろしたという情報再び
Close