iPad発売初日の売上台数、本当は30万台=米Apple正式発表【湯川】

News

 米Appleは、iPadの発売初日の売上台数が30万台を超えたと正式に発表した。Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏が、iPadの米国での発売初日の売上台数推計を「60万台から70万台の間」と上方修正したことを受け米国メディアが一斉にこの数字を報じたが、同氏の当初の予測のほうが実際の数字に近かったようだ。


 同氏は、各地のApple Storeに直接電話をかけて情報を収集し、売上台数を算出したようだが、実際には大きく外れたことになる。

 iPhoneの発売初日の売上台数は27万台だったので、今回のiPad発売の熱狂ぶりはiPhoneの発売時を少しだけ上回ったようだ。

 ただiPadユーザーは初日だけで、100万個以上のアプリと25万冊以上の電子書籍をダウンロードしたというから、やはり衝撃的。

 このTechWaveでも、Munster氏の予測を報じてしまいました。ごめんなさい。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Apple, iPad, 予測, 正式発表
iPad発売初日で70万台=最速レビューに気をつけろ(2つの意味で)【湯川】

iPad購入のためだけにハワイにきました【小山】

日本が2年以内に電子書籍元年を迎えることはない【湯川】
Close