日本ではiPhone138万台、Android18万台=Admob調べ【湯川】

non-Category

 米大手モバイル広告会社AdMobは、4月の国別のiPhone、Androidケータイの台数統計を発表した。4月中に一度でもAdMobが広告を配信した端末の台数を集計したもので、日本国内ではiPhoneは約138万台、Androidケータイは約18万台の存在が確認された。


 AdMobの発表によると、日本国内で4月の1カ月間でAdMobが一度でも広告を配信した端末数は、iPhoneが1,378,903台、iPod Touchが277,942台、iPadが2,293台だった。iPhone OS搭載端末の総数は1,659,138台ということになる。一方で、Android端末は177,926台だった。

 米国ではiPhoneが1068万台、Androidが866万台だった。メーカーや調査会社発表の出荷台数と異なって、AdMobの数字は実際にアクティブに使用されている台数。米国ではほとんどの端末にAdMobの広告が配信されているとみられるので、この数字がアクティブな端末の数字に非常に近いものだと推測されるが、日本ではどうなんだろう。だれか情報をお持ちの方、教えてください。

 日本国内未発売のiPadが4月に2000台以上も日本に存在していたのがおもしろい。
 また中国ではAndroidが882,384台、iPhoneが725,358台と、AndroidケータイがiPhoneを上回っている。

【関連記事】
AndroidがiPhoneを抜くのは当然
iPhone対Android、勝つのはブラウザベースのサービス:TechWave
iPhoneの栄光もあと2年?Android急成長をIDCが予測:TechWave
android vs iPhone 中長期的に見てアプリ市場を制するのはどっちだ:TechWave

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by tsuruaki


PAGE TOP
More in non-Category
Appleが時価総額でMicrosoftを抜いた【湯川】
iTunesに関し米司法省が独禁法関連の予備調査【湯川】
ソーシャルメディア時代の決済インフラ狙うFacebookの野心【湯川】
Close