Appleが時価総額でMicrosoftを抜いた【湯川】

News

 米Los Angeles Timesは、Appleが時価総額で初めてMicrosoftを抜いたと報じた。

 26日のAppleの株式の終値は244.18ドル。これに発行株式数をかけた時価総額は2226億ドルになった。Microsoftの時価総額は2194億ドルだった。


 Appleの株価は年初と比較すると16%近くも上昇している。一方のMicrosoftは18%近く下落しているという。

 株価は市場が企業に抱く期待感を示している。Appleにはイノベーションリーダーとして市場が期待しているということなのだろう。

 長年に渡ってMicrosoftとAppleのライバル関係を取材してきたわたしとしては、非常に感慨深いものがある。あらためてスティーブ・ジョブズってすごい経営者なんだなと思う。

【追記】@hajitomiさんから、Appleは1989年にもMicrosoftよりも時価総額が大きかったようです。@hajitomiさんありがとうございました。

このエントリーの見出しは最初「Appleが時価総額で初めてMicrosoftを抜いた」としていたのですが、「初めて」を削除いたしました。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Apple, microsoft, 抜く, 時価総額
iTunesに関し米司法省が独禁法関連の予備調査【湯川】
Googleの戦略全容明らかに=Appleどう出る?【湯川】
米政府がGoogleのAdMob買収承認=巨大広告会社に【湯川】
Close