国内スマートフォン、売れ行き去年の倍【湯川】

News

[読了時間:2分]
 株式会社MM総研(東京港区)は、2010年上期の国内のスマートフォンの出荷台数が223万台を記録したと発表した。2009年通期は234万台だったので、今年前半6ヶ月で昨年1年間と同等の台数のスマートフォンが出荷されたことになる。

2009年度は前年度比113%と比較的緩やかな伸びだったので、今年に入って一気に加速したことが分かる。

 今年上期のメーカー別のスマートフォン市場のグラフは以下の通り。

42)


 昨年度のグラフと比較すると、iPhoneのシェアは相対的に低下しており、ソニー・エリクソンがシェアを伸ばしている。ソニー・エリクソン製のAndroid端末「Xperia」が好調だったことが分かる。

09)

出典(株) MM総研 [ 東京・港 ]

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP