Google、脆弱性指摘の日本人ハッカーに13674ドル支払い【増田(@maskin)真樹】

News


[読了時間:1分]


 米Googleは2010年11月、同社が運営する各種ウェブアプリケーションのセキュリティ脆弱性を指摘した人に賞金を与えるプログラムをスタートしたが、日本人ハッカーが既に13674 13174ドルを獲得していると米技術者の間で話題となっている。





  バグはその深刻度によって1件あたり500ドルと1000ドルが支払われる。極だったバグには1337ドルが支払われる。ちなみに1337というのは、俗に言うハッカー語の「leet」を現わす数字のようだ。

 masatokinugawaさんの日記によれば、$1337 × 2 + $1000 × 2 + $500 × 18 17で13674 13174ドルになったとのこと。同氏の日記には、投稿した脆弱性の中から3つについて解説されているので、興味のある人は参考にしてみてはどうだろう。

(追記)同氏のTweetによればマイクロソフトの同種プログラムにも名を連ねている模様(
Security Researcher Acknowledgments for Microsoft Online Services」


■ 関連URL
・Google’s Vulnerability Reward Program | masatokinugawaの日記
http://d.hatena.ne.jp/masatokinugawa/20110207/google_security
・Google Online Security Blog: Rewarding web application security research
http://googleonlinesecurity.blogspot.com/2010/11/rewarding-web-application-security.html

蛇足:僕はこう思ったッス

海外技術者の間で「日本人ハッカーのサラリーが低過ぎ」と指摘されたりしていますが、、、、。日本人ハッカー万歳!もっと世界で注目されていいはず。応援します。
著者プロフィール:TechWave副編集長 増田(maskin)真樹

 十代からメディアクリエイターとして活動。週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして90年代を疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスの起業に参画。帰国後、ネットエイジで複数のスタートアップに関与。関心空間、富裕層SNSのnileport、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導する。 / 現在TechWaveの活動を中心に完全復帰中、多数のプロジェクトに関与する。大手携帯キャリア公式ニュースポータルサイト編集デスク。

詳しいプロフィールはこちら

maskin[at]metamix.com
twitter | facebook | skype

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in google, セキュリティ
ウェブベースの「Android Market」本日オープン 【増田(@maskin)真樹】

みんなで応募しよう! HTML5プログラミング&クリエイティブ・コンテスト開催中【増田(@maskin)真樹】

Googleがグルーポン競合サービスをローンチへ 【増田(@maskin)真樹】

Close