ユーザ数500万人の位置情報サービス“Loopt”がフラッシュマーケティングを展開【三橋ゆか里】

Newsフラッシュマーケティング

位置情報サービスといえばFoursquareとかGowallaなどがメジャーだけれど、これらサービスよりも前にローンチしていたのが“Loopt”。サービス開始は2006年。日本ではあまり耳にしないし、日本の位置情報系のサービスに取材させてもらったときもほとんど聞かなかった。そんなLooptの新しい取り組みがフラッシュマーケティング。Looptのサービス内容と、最新の取り組みについてお伝えします。

Looptについて

looopt2Looptがローンチしたのは2006年。今でさえ、位置情報を人にわざわざ発信するなんてどうなんだという考え方が主流なのだから、当時はけっこう斬新なサービスだったんだと思う。基本サービスは、GPSの位置情報を利用して友達の位置を教えてくれるというもの。「○○さんが1マイル先にいるよ」といった具合に。ユーザーは友達が特定の距離以内に近づいたらアラートしてもらうといった設定ができたり、その友達にテキストメッセージを送ることが可能。

その他には、あらかじめ設定した友達の輪に自動チェックインできるようにしたり(2010年7月に実装)、写真やテキストに位置情報を付随するといったことをして進化してきた。なんと、この自動チェックインをONにしているユーザは、全500万ユーザのうち65%もいるそう。決められた人たちにだけ、というのがポイントになってここまで違うってことみたい。

Facebook Placesとは競争しない

チェックイン機能がメインにはなっているものの、アプリとしての目的はユーザの「最小限のアクションで最大の情報を提供する」こと。チェックインだけに固執せず、Facebook Placesとも連携。世界に6億人のユーザを抱える最大SNSのFacebookがチェックインのハブになることを受けて入れた上で、それを活用する判断をした。具体的にはLooptの地図上でFacebookの友達とLooptの友達の居場所、行った場所を確認できたりする。

新たな取り組み「フラッシュマーケティング」

自動チェックインとFacebook Placesをあわせたことで生まれたのが、Looptのフラッシュマーケティングの機能。30種類くらいのキャンペーンを行った上で、今年のSXSWでお披露目されたそう。さまざまな種類のキャンペーンを実施した結果、「時間」と「場所」が限られた「高価」なディールがいちばん効果的だったと。時間、場所、高価がキーワードなんだって。

事例には、Virgin Americaのメキシコ行きの2人1組の航空券のディールがある。8月31日の午前11時から午後3時というめちゃ短時間のディールで、サンフランシスコとロサンゼルスに特別に用意されたトラックにチェックインするという内容だった。このキャンペーンは、これまでのキャンペーンの10倍のコンバージョン(購入に至った率)を記録したんだとか。

この“Rewards Alerts”というフラッシュマーケティングの機能は、ユーザが近くにくると「こんなキャンペーンがやってるよ」というプッシュ型の通知をしてくれる。わざわざディールやキャンペーンのためにチェックインしに行くのではなくて、ユーザの普段の行動範囲内でそれが提供されている場合にアラートする。今後は、例えば空いている時間帯のレストランや開幕時間が近いショーなどへの集客などのディールを展開していく予定。FacebookやGrouponなど、市場争いは激しくなりそう。

【参考記事】Mashable: Location App Loopt Looks for Future in Flash Deals

【スタッフブロガー】三橋ゆか里

yukari_pink_smaller肩書きウェブディレクター。ディレクションの他、翻訳やライティングなど、フリーでお仕事してます。1/15に公開された映画『ソーシャル・ネットワーク』の字幕監修をさせていただきました。ツイッターIDは”yukari77“。

個人で運営している【TechDoll.jp】というサイトで、海外のテクノロジー、ソーシャルメディア、出版、マーケティングなどの情報を発信しています。目指せタイムリーな情報発信!

これまで雑誌のECで→UIデザインのコンサル→ウェブ制作会社などを渡り歩いてきました。そこで得たスキル、人、全部かけがえのない財産。幸せの方程式は、テクノロジー(UI, IA..)×マーケ×クロスカルチャー×書く・編集。いま一番夢に近いとこにいる。

詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP