いよいよ日本でもGrouponNow!がスタート!!利用期間に使用しなければ返金も!【芝辻幹也】

NewsGrouponNow, グルーポン, フラッシュマーケティング, 芝辻幹也

[読了時間:2分]

TechWaveのグルーポン系担当、芝辻幹也さんから、先程日本でも始まったGrouponNow!の最新情報について寄稿してもらいました。(本田)
side_photo
芝辻幹也
@mikiya_4822

 以前私が書いたエントリー(http://blogs.itmedia.co.jp/mikiya/2011/05/looptgroupon-no-b5e6.html)でも一部触れたが、いよいよ日本でもGrouponNow!(http://www.groupon.jp/now)がスタートした。

Grouponnow現在は渋谷、原宿付近のみでサービスを展開中らしい。
※このエントリーではあえてクーポンではなく”チケット”という表現をする。クーポンを事前購入するからである。

■Groupon Nowの仕組みは非常に単純。
1.Groupon Now!をWeb上かモバイル上でチェックする
2.位置情報を入力して自分が見たいタイプのチケット(クーポン)をチェックする
3.自分用またはプレゼント用にチケットを購入する。

まずはweb画面から見ることにする。

通常のグルーポンとの違い

1.半額以下(30%割引など)が存在する
 いくつかの店舗を見てみると、通常グルーポンで販売している半額以上のチケット)ではなく、30%割引などのチケットも存在している。中には半額以上の割引をしている店舗も存在した。

Grouponnow3

2.共同購入という仕組みを取っていない
 このGrouponNow!で販売されているチケットは、通常のグルーポンのように、「20人集まったら取引成立」のような下限値は存在せず、1枚から購入することが出来る。

3.販売期間が短い
 通常のグルーポンで販売されているチケットは「1日1店舗1チケット」という形式(最近は数日間販売しているのもある)を取っているが、今回販売されているチケットは、「1日のある数時間のみ有効」であることが分かる。(私が見た範囲であるので、販売期間の長いものもあるかもしれないのでご注意を)
 これが可能となると、店舗は自身のアイドルタイムにチケットを出すことができるので、金曜日のような忙しい際はチケットを出す必要がない。どのようなオペレーションになっているかは分からないが、店舗主導でこのチケットを出すことが出来れば、突然の団体客のキャンセル等が出て、他のお客さんが来なかった場合、割引などのインセンティブにより集客できる可能性がある。

Grouponnow2

4.チケット購入者は販売期間にチケットを使わなかった場合、返金されること。
 通常のグルーポンでのチケットの場合、一度購入し、チケットの取引が成立すると基本的には返金されない。
 おそらくチケットを購入したタイミングでは決済会社側ではカード利用枠を確保しているだけで、決済はせず、トランザクションが途中で止まっている状態だと考えられる。チケットの販売期間が短いのでこれを可能にしていると思われる。

 もちろんこのサービスはモバイルと相性がよい。下記からGrouponのスマフォアプリ(Androidはアンドロイドマーケットで「グルーポン」と検索)をダウンロードすると、既にGrouponNowの機能が実装されている。
http://itunes.apple.com/jp/app/qpod/id385521642?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 画面のイメージは以下の通りである。アプリもあまり落ちることはなくサクサク動く。

iphone1iphone2

 さて気になるのは店舗から取っているマージン。決済額に対し50%を取るというのが通常のグルーポン(現在は下げている可能性もあるのでご注意を)。1000円の商品を30%割引で販売し、グルーポンに50%マージンとして持ってかれていかれたら、店舗に残るのは35%となり、350円しか残らない。しかし、アイドルタイムにこれが使えるならこのサービスは店舗にとってもいいサービスになると思う。

 Facebookのチェックインクーポン(http://blogs.itmedia.co.jp/mikiya/2011/07/facebook-deals-9758.html)やGoogleも始めたGoogle Offers(https://www.google.com/offers/home#!details/19c59f83035fe282/MKJ184A5DBGKHNAS)など大手も次々にこの分野に参入しており、位置情報を絡めた展開を見せてきている。

 今後の展開が非常に楽しみである。

著者プロフィール:芝辻 幹也

株式会社トライバルメディアハウス所属。
「モラトリアムの最大化」をもっとうに人生を猪突猛進しています。
漫画家・イラストレーター。

芝辻幹也のグダるブログ:http://blogs.itmedia.co.jp/mikiya/