Appleの電子教科書3日で35万ダウンロード AllThins D【湯川】

News

[読了時間:1分]
 米Wall Street JournalのブログAll Things Dは、調査会社Global Equities Research社の調査の結果、AppleのiBooks Store経由で電子教科書が35万冊以上ダウンロードされたことが分かったと報じた。電子教科書の取り扱いを始めてから3日間の数字で、All Things Dは、Appleの電子教科書事業が好調な滑り出しを見せた、と評価している。

 また電子書籍作成ツールのiBooks Authorはリリース後3日間で約9万ダウンロードを記録したという。

 All Things Dは、ダウンロードされた35万冊の電子教科書の多くは、無料の教科書E.O. Wilson’s Life on Earthである可能性があると指摘している。

蛇足:オレはこう思う

 All Things Dは「好調な滑り出し」と評価しているけど、僕はあまり意味のある数字だとは思えない。だって大事なのは、教師や学校、学校区(教育委員会のようなもの)が、どの程度電子教科書を採用するかということ。今回の数字では、教科書採択の権限を持つ人がどれくらいダウンロードして電子教科書を触ってみてどう思ったか、ということがまったく分からない。今回のダウンロード数は、「教育革命を起こすかも」と報じられて一般ユーザーが試しにダウンロードしてみた、というケースが大半かもしれないので。もちろん話題になって多くの人が興味を持った、ということ自体は大事なことだとは思うけど。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Apple, author, iBooks, 教育
Appleが教材作成ツール発表で教科書出版業界を「破壊する」?発表直前に飛び交う憶測【湯川】

Appleが1月19日にスペシャルイベント告知、教科書版iBookの憶測も 【増田(@maskin)真樹】

Appleが一度認可したゲームを削除 月額課金やはり認めず【湯川】

Close