PIRIKAが5月3日「ゴミの日」イベントの公式アプリに【本田】

News, Startups

piricup 5月3日は「ゴミの日」。当日は日本最大のゴミ拾いイベント「地球GOMI拾い大会」が開催され、全国各地のゴミ拾いに情熱を注ぐ個人・団体が一斉にゴミ拾いを行う。

 そのイベントの公式アプリにPIRIKAが選ばれた。PIRIKAは、拾ったゴミを撮影し投稿することで、世界中のゴミを減らすことが出来るアプリ。

 ゴミ拾いをするだけなら、アプリは不要に思われるかもしれない。しかしPIRIKAではユーザーの投稿に対し、PIRIKA内あるいはFacebookやTwitterで他のユーザーからのリアクションが得られることで、投稿者は少し嬉しい気持ちになったり、逆に他のユーザーの行動を刺激したりする事が出来る。こうしたソーシャルな価値を体現していることがPIRIKAの大きな魅力だ。これまで全世界44カ国でゴミが拾われた実績を持つ。


 5月3日 00:00から17:00まで開催される「PIRI-CUP」は、「スポーツGOMI拾い大会」のルールに準じPIRIKAを用いたゴミ拾い競争だ。参加方法は、PIRIKAのアプリから、5名以内によるチームあるいは個人の2種類がある。チームの場合は、オンラインで繋がっているため、同じ場所でゴミを拾わなくてもOK。参加登録は既に可能になっている。

 あとは普通にPIRIKAで拾ったゴミの写真を投稿するだけ。大会期間中に拾ったゴミは独自のPIRI-Systemにより判定され、期間内に最も多くのポイントを得たチームや個人が優勝となる。賞は各国(日本は各都道府県)の個人1位とチームの世界1位に、ピリカ特製グッズが送られる。

PIRI-CUPの詳細 http://www.pirika.org/aboutpiricup
地球GOMI拾い大会 http://53fes.gomi-f.com/index.html

蛇足:私が思うに、
当日は私も「チームおかっぱ」というチームで参加します。元々の「スポーツGOMI拾い大会」(こんな大会があったとは!)は、同じ場所で一緒に拾う必要があるけど、PIRIKAの場合はオンラインで繋がれる利点を活かして、どこにいても一つのチームとして活動できることが特徴。さて、当日はどこで拾おうかな・・・
著者プロフィール:本田正浩(Masahiro Honda)

写真家、広義の編集者。TechWave副編集長
その髪型から「オカッパ」と呼ばれています。

技術やビジネスよりも人に興味があります。サービスやプロダクトを作った人は、その動機や思いを聞かせて下さい。取材時は結構しっかりと写真を撮ります。

http://www.linkedin.com/in/okappan
iiyamaman[at]gmail.com

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News, StartupsPIRIKA

Posted by okappan


PAGE TOP
More in PIRIKA
IVS2011Fall「LaunchPad」審査結果発表! #IVS

「世界で年間1億個のゴミが拾われるプラットフォームに」PIRIKA・小嶌不二夫【本田】

Close