電子ペーパーディスプレイを搭載した iPhone 5 ケース「popSLATE」【増田 @maskin】

News


[読了時間: 2分]

Popping

 アマゾンKindle (Fire以外)楽天koboで使用されている、米E-Ink社の電子ペーパー。

 ディスプレイと同じようにスクリーンを表示することができ、一度表示させてしまえば、電力を消費することなく 映像を保持することができるのが特徴。

 その電子ペーパーを、iPhone 5 のケースに使ってしまおうというのが「popSLATE」だ。

iPhoneから映像の切り替えを指示、オープンAPIも


 「popSLATE」の電子ペーパーは4インチ。iPhone 5 をまるっと覆うケースで、Lightningポートに接続した状態で使用する。

 オープンAPIが提供されており、専用アプリはもちろん、APIを使用したアプリ等から電子ペーパーを制御することが可能。常時表示させておけるため、地図やメモ、スケジュールなどに最適。

 電力は映像を切り替える時にしか消費されないため、更新頻度が高くない使用方法ならば、さまざまな応用が可能となる。

Productivity

 「popSLATE」は現在、米ソーシャルファンディングサイト「indiegogo」で支援者集めをしている。市場価格は119ドルとのこと。

Popslate – The Second Screen Experience Pitch from popSLATE on Vimeo.

【関連URL】
・popSLATE–Second Screen Smart Case for Your iPhone 5 | Indiegogo
http://www.indiegogo.com/popslate

蛇足:僕はこう思ったッス
パスワード設定をしたiPhoneの解除するのが面倒で、いつも「特定のアプリは認証と関係ないようにできないのかな」と思っていた。これなら、いい感じで実現するのかもしれないと思った。ただ、それ以外の使い方はどうなんだろう。QRコード表示とか、意外と色々出でてきそうな予感。
著者プロフィール:TechWave副編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
 夢を叶える技術者。8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。道具としてのIT/ネットを追求し、日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング→週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ネットエイジ等で複数のスタートアップに関与。関心空間、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 Rick Smolanの24hours in CyberSpaceの数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演。活動タグは創出・スタートアップマーケティング・音楽・子ども・グローカル・共感 (現在、書籍「共感資本主義」執筆中)。地方から全国、世界へを体現中。

メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・ 詳しいプロフィールはこちら


maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

NewsiPhone, popSLATE, ケース

Posted by maskin


PAGE TOP
More in News
たった5分でISBN番号付きの書籍を販売開始できる新サービス「MyISBN」 【増田 @maskin】 #ShootOsaka

アイティメディア「ONETOPI」がニュース投稿サイトに、奨励金やゲーミフィケーションで活性化 【増田 @maskin】

大阪ピッチイベント「Shooot from Osaka(n)」Vol.3開催 【増田 @maskin】 #ShootOsaka

Close