電子部品を使ったアクセサリーブランド「さのもの」 【増田 @maskin】 #ShootOsaka

News, Osakaさのもの, スタートアップ, 大阪, 石田幸子, 関西


[読了時間: 2分]

Screenshot_from_2013-03-22 19:17:35

 ガジェットなどで使用されている電子部品。無骨な鉄片にしか見えないものでも、ウェブディレクター石田 幸子氏は「よく見るとかわいい」と言う。

 「たとえば、抵抗の色合いは、そのままピアスにしてもかわいい」。

 そんな石田さんが立ち上げた、手作りアクセサリーブランド「さのもの」は、電子部品を使った作品に限定されている。

“ギーク” と “かわいい”のさじ加減を追求




 使用している電子部品は、基盤や抵抗、コンデンサ、LEDなど。ラインナップは、ピアス以外にもネックレスやブレスレット、指輪など様々。

R0024679
★キーボードの部品をネックレスに

 価格は数百円から、1万円近い力作まで。オンラインストアの写真を見てもらえればわかるように、部品とは思えない出来栄えだ。

 「攻殻機動隊かMATRIXなどを彷彿とさせる不思議な模様…。興奮が止まりません。ただ、あまりパーツぽいままだとギークにしか受けないので、“かわいさ”とのさじ加減を大切にしています」(石田氏)

 明日、2013年3月23日には、人工衛星はやぶさの偉業の鍵となったパーツを使用したアクセサリー「はやぶさシリーズ」を公開するとのこと。

R0024681
★はやぶさシリーズ

【関連URL】
・さのもの
http://sanomono.thebase.in/
・大阪スタートアップイベント「Shoot from Osaka(n) vol.4」 19時から生中継 【増田 @maskin】 #ShootOsaka
http://techwave.jp/archives/51784406.html
・潔よすぎるお天気アプリ「あめふる」が、じわじわ来てる 【増田 @maskin】 #ShootOsaka
http://techwave.jp/archives/51771800.html

蛇足:僕はこう思ったッス
1990年代はシリコンバレーで、よく類似のコンセプトの(ただ、無骨な)アクセサリーを良く見かけた。ただ、今は、電子機器を使用したことがない、という人はほとんどいないわけで。意匠のよしあしだけでなく、電子部品にまつわるエピソードを込めたアクセサリーは人々の心をつかむかもしれない。
著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
変化し続ける高エネルギー生命体。8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。道具としてのIT/ネットを追求し、日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング→週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ネットエイジ等で複数のスタートアップに関与。関心空間、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 Rick Smolanの24hours in CyberSpaceの数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演。活動タグは創出・スタートアップマーケティング・音楽・子ども・グローカル・共感 (現在、書籍「共感資本主義」「リーンスタートアップ」執筆中)。@宇都宮ー地方から全国、世界へを体現中。

メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・ 詳しいプロフィールはこちら



maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me