モノ系スタートアップ販売支援のグローバルプログラム「Amazon Launchpad」が日本でも開始 @maskin

CrowdFunding

Amazon.co.jpは2017年1月18日、スタートアップ企業が開発する出荷可能なプロダクトの販売を支援するサービス「Amazon Launchpad」を開始しました。

このサービスは、消費者から資金を調達できるクラウドファンディングサイトやVC(ベンチャーキャピタル)、アクセラレーターなどスタートアップを支援する企業らと連携し、新しく世に送り出されるプロダクトの販売を支援するというもの。斬新な発想のプロダクトがすでに200種類以上登録されており、普段のAmazon.co.jpでの買い物と同じように購入することが可能です。


「Amazon Launchpad」はグローバルプロジェクトで、米Amazon.comが2015年7月に開始しました。その後、イギリスやドイツ、フランス、中国、インドで展開されています。2016年12月に開始したインドでは、3日間で250ものスタートアップから申し込みが殺到したとのことで(現地報道)、最終的には審査の上、25のスタートアップから400点におよぶプロダクトが選ばれ販売されたようです。

日本でも審査がありますが、通過すればAmazon.co.jpの受注管理や出荷スキーム(商品の保管を配送を行うサービス「フルフィルメント」にも対応)などを使用することが可能となる他、海外への展開についてもAmazonのグローバルシステムを利用できるとのことです。なお、この仕組を利用するには、1つの受注にあたり通常の手数料等に加え5%の料金がかかるようです。

【関連URL】
・Amazon Launchpad
https://www.amazon.co.jp/Amazon-Launchpad/b/ref=topnav_storetab_lpdjp?ie=UTF8&node=4642905051

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 リセラーさんとの線引き すでにリセラーさんや独自にAmazonで販売しているスタートアップは多い。ただ、PR面で十分なりソースがあるようには見えない。その点、「Amazon Launchpad」はスタートアップ用のページを用意したり、各種フィチャーの仕組み(おすすめとか)があることで5%の手数料があるとはいえ、メリットを感じる部分はあるのだろう。海外進出がどれくらい柔軟かはまだわからないが、本当に手軽に世界展開ができるのだとしたらそれは大きな魅力となる。こうした流れは「スタートアップ」という一種の流行ワードの上に乗るという側面があると思うのだけど、日本のハードウェアスタートアップは海外と比較すると盛んとはいえない状況。「Amazon Launchpad」がその後押しとなるか、肩透かしで終わるか、試金石の一つとして注目しておきたい。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

CrowdFundingABBALab, amazon.co.jp, makuake

Posted by maskin


PAGE TOP
More in ABBALab, amazon.co.jp
「Amazon.co.jp オンデマンド本」がローソン店頭で販売、書籍の売り方が変わる可能性も 【@maskin】

Kindleストア1が周年、期間限定セールを開始 【@maskin】

個人出版「MyISBN」の作品が三省堂書店で販売可能に、神保町本店では目の前で製本【@maskin】

Close