Google「Daydream」の高品質スマホVRヘッドセットは79ドル 【@maskin】@googlevr #io16

VR/ARDaydream, VRヘッドセット

screenshot_1252

「Google I/O 2016」にて発表された高品質なVR体験を提供するスマートフォン方プラットフォーム「Daydream」に対応したVRヘッドセットの価格が米報道でリークされた。専用のコントローラが付属され価格は79ドル。

「Daydream」は、VRヘッドセットとスマホ本体、そしてアプリの3つが連携することで、人間が違和感なくVR映像を楽しめる描画遅延をを20ミリ秒以下に抑えるというスマホ専用の高品質のVRソリューション。対応スマホは「Android N」と呼ばれ、日本時間の明日にも発表される見込みだ。


VRヘッドセットは、これまでOculusやHTCがPC用のVRヘッドセットを7万から10万前後で発売し、10月13日にはソニーがPlayStation4専用のヘッドセット「PlayStation VR」を4万4980円で発売する。それぞれ得意分野や特徴は異なるものの、一定のクオリティを保つVRヘッドセットが79ドルで入手できるとなると新規利用者拡大に貢献しそうだ。

「Daydream」の特徴は、VR空間にアプリのマーケットプレース「Daydream HOME」が用意されている点。現時点でもGoogle PLAYには多数のVRコンテンツが提供されているが、いちいちVRヘッドセットをはずしてアプリを起動&終了しなおさなければならなかった。

screenshot_1253

専用のコントローラーはWiiのようにステックを振ることで多様な操作が可能になる模様。



【関連URL】
・DayDream
https://vr.google.com/daydream/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 「Daydream」対応のスマホAndroid Nシリーズの価格が気になる。VRヘッドセットと一緒に購入したらそれなりの価格になるからだ。ただし、Daydreamの冠は各メーカーにライセンスされるとのころなので、機種変の時にでも選択すればいいと考えると気が楽になる。、、と、同じようなことを考える人はかなりの数に上るだろう。ユーザーが増えれば価値が高まる。VRシーンで注目のブランドとなるのは間違いなさそう。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP