【速報】 ラスベガスで開催中のハッカソンで日本人チームが優勝 全米1位に 【@maskin】 #ces2014

News, SanFrancisco, WorldCES2014, Hackerthon, 井上恭輔, 大島孝子, 陸翔


[読了時間: 5分]

 全米を舞台に展開されるモノxインターネットをテーマとしたハッカソン「THE INTERNET OF THINGS」(以下、IoT Hackathon)の結果が2014年1月5日に発表された。

 このハッカソンは、そもそも米AT&Tが主催する形で24時間でモバイルアプリを作るというテーマで2013年8月から全米4会場で開催。各地で勝ち抜いたファイナリスト8チームが2014年1月5日にラスベガスで最終決戦を行っていた。

 パロアルト会場では、日本人でサンフランシスコ在住の大島孝子さんおよび陸翔氏のチームが入賞([ハッカソン挑戦記inシリコンバレー] AT&T, Intel主催 Internet of Things Hackathonで入賞してきた!【@hatone】)し、その後の動向に注目が集まっていた。

1174602_600509700014165_1891512478_n
 結果は、大島孝子さんと陸翔さんチームが開発した「FooDraw」が優勝。2万ドルの賞金を獲得。

 「FooDraw」は実物大サイズで食べ物を描くとカロリーを計算できる、うまくモノとネットを融合したアプリ。

 一方、別途ラスベガスで開催されていた「AT&T Hackathon」でも、ミクシィでDeployGateを運営する井上恭輔さんを加えた3人で参戦。こちらでも3G接続できるスマート枕「Lonely Pillow 3G」が、Women In Tech Accelerator部門で優勝。賞金1万ドルを獲得した。

 全米トップの開発イベントでの日本人の優勝。技術力とアイディアと情熱が現地に受け入れられた形となった。




【関連URL】
・The happy winners FooDraw celebrate their #IoTHack victory!
https://twitter.com/IoTHackathon/status/420043077424668672/photo/1
・[ハッカソン挑戦記inシリコンバレー] AT&T, Intel主催 Internet of Things Hackathonで入賞してきた!【@hatone】
http://techwave.jp/archives/internet_of_things_hackathon.html



蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 年末年始、彼女らはお祝いもせず開発力を高めるべく部屋にこもりきりだった。大丈夫かな、、、などと心配していたのだが、こういう素晴らしい形で結果が出て、自分としてもとてもうれしいっす。全米1位。おめでとう!





maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP