外国人旅行者に現地の人しか知らない穴場を紹介する『LEVART』がローンチ【@masaki_hamasaki】

CONTENTS, NewsLEVART, インバウンド, インバウンド観光, 海外

 2016年4月11日、株式会社ビースポーク(本社:東京都港区、代表取締役:綱川明美氏)は、外国人旅行者に特化した穴場紹介サイト『LEVART』が公式オープンしたことを発表した。『LEVART』は、日本に興味のある世界中の旅行者に向けて、日本の”地元”とのマッチングを行うサイト。

 2020年東京オリンピックを視野に、日本の観光資源を国外に最大限アピールしようと立ち上げられた。綱川氏自身が海外経験豊富で海外の友人も多く、「増加する外国人観光客に十分な『おもてなし』を提供できていない」といった問題意識があったようだ。

What s LEVART   LEVART-min
 旅行者の「現地の人のような体験がしたい!」という声に応えるため、『LEVART』では地元の人だけが知っているような『穴場』を紹介したり、自身の『隙間時間』を使って海外の人たちに『おもてなし体験』を提供することができる。

 地元住民と外国人旅行者をマッチングさせることで、ガイドブックには載っていないような日本の奥深い魅力を、世界に発信するプラットフォームを目指す。既に約50カ国の外国人ユーザーの利用実績があるとのこと。今後は、年内にネイティブアプリのリリースと多言語化を予定し、地方自治体や地元企業とも連携の話を進めているようだ。

蛇足:僕はこう思いました

IMG_0511 (1)インバウンド向けのサービスが増えている中で、現地の人しか知らない『穴場』に着目したのは興味深い。拾いあげるのが難しい情報を集めることは、価値になるだろう。綱川氏は海外経験も豊富で、アメリカの大学を卒業し、長く外資系企業でキャリア積んできたよう。友人からのちょっとした不安や、不満を聞くことが多かったのだろう。自然流入も増えており、運営するチームも強固な体制を築いているようだ。今後のサービスの拡大が期待される。

Masaki Hamasaki

Masaki Hamasaki

株式会社メディアインキュベートの代表取締役社長。

メディア作りの請負、メディア作りに特化したプラットフォームを立ち上げ、メディアに特化した投資を準備中。編集、開発、運用、営業、広告、SNS運用、採用まで支援。

過去に夕刊紙、ポータルサイト、動画メディア、複数のニュースサイト、キュレーションメディア、コミュニティ型CGMのディレクター他、マーケティング、事業開発、編集、運用、営業を経験。
Masaki Hamasaki

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP