LINEモバイルが攻めの料金プラン、通話料半額・10分電話かけ放題プラン開始

LINE

通信キャリアのみならずMVNO(仮想移動体通信事業者)が参入することで価格破壊が進行しつつある携帯電話の競争がさらに激化しそうな様相です。

MVNO事業を展開するLINEモバイルは本日2017年6月19日、これまで30秒あたり20円かかっていた通話料を、専用のアプリ「いつでも電話」(2017年6月20日 10時から使えるようになるとのこと)を使用することで半額の10円にするプランを発表しました。このサービスは特別な申し込みの手続きは必要なく、専用アプリ「いつでも電話」から電話することでこの料金が適用される仕組みです。

アプリ限定で、10分かけ放題プラン投入

また、今回、この「いつでも電話」アプリ利用者限定で、「10分電話かけ放題」オプションプランも提供を開始することが明らかになりました。

月額880円(税抜き)でこのかけ放題プランに加入し、かつ専用アプリ「いつでも電話」を使用すれば、10分以内なら誰とでも通話し放題となります。なお、「いつでも電話」もこのかけ放題プランも、LINEモバイルの「データ通信+SMS+音声通話」プランを使用していることが前提となります。

通話し放題プランは、楽天モバイルが月額850円(税抜き)で5分間通話し放題プランを、IIJmioが月額830円(税抜き)で10分間プランを、OCN モバイル ONEが月額850円で10分と接戦状態。キャリアもNTTドコモなどは国内24時間カケホーダイを2200円で提供しています。

SNSおよびLINE MUSICカウントフリーの強みは

「LINE モバイル」の強みは、LINEをはじめTwitter・Facebook・InstagramといったソーシャルネットワークサイトおよびLINEの音楽サービス「LINE MUSIC」のデータ通信量をカウントせず使い放題となる制度を採用している点。通話においてもLINEアプリをトーク機能利用すれば料金はかからないなどのコストメリットがあります。

今回の通話プラン拡充は、携帯通話機能を他社と同じ水準まで料金体験を改善することで、さらなる競争力を得ようとするものとみられます。

【関連URL】
・LINEモバイル
https://mobile.line.me/
・【LINEモバイル】6月20日より、申込み不要で通話料半額となる「いつでも電話」、電話かけ放題オプション「10分電話かけ放題」を開始
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1776

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 攻めなのか?テコ入れか?と考えたとき、やはり「攻め」ということになると考えられます。無料通話サービス(IP電話)を持っている側なので、とにかく安価にしてユーザーアカウント数を稼げば?という発想も生まれるのだけど、MVNO戦争に踏み込みんだ上で、LINEカウントフリーという武器を磨き上げていくという考えは明らかに攻め。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in LINEモバイル
「LINEモバイル」への期待と課題、コミュニケーション無制限の格安モバイル通信サービスはスマホ普及を促進するか? 【@maskin】

Close