LINEが 14年にも上場か、調達額はFacebook並 = 国内報道 【@maskin】

News


[読了時間: 2分]

 スマホコミュニケーションサービスを軸にゲームからECまで幅広く展開するLINEが2014年夏にも東証に上場する。日本経済新聞が2013年10月25日電子版で報じた。

R0023985





 LINEは、2011年6月27日、NAVER JAPANによる一連のスマホアプリプロジェクトの1つとしてスタート (家族・仲間との絆をグループチャットでケアしよう! NAVER「LINE(ライン)」がイイっす 【増田(@maskin)真樹】)。

 当初、話題にすらなっていなかったが、TechWave主催のイベントとのコラボ実施した2011年7月13日頃を経た直後あたりからダウンロード数が急増し、3か月たらずの10月には300万人を突破

 と思いきや2011年10月のiTunes App Storeでのダウンロード停止という事件などもありつつ、それを乗り越え、9か月で2500万人を突破 (「ほとんどの人がピンときてなかった」LINE、世界2500万ユーザー突破の軌跡【増田(@maskin)真樹】) した。

 往年の国産SNS「ミクシィ」などを突破。この頃からマスコミを含め、世論でも沸くようになる。

 リソースを集中させ一気に成長。2013年1月18日に、日本IT業界の金字塔とも言えるユーザーが世界1億人を突破(日本IT業界の金字塔、 LINE (ライン)が遂に1億ユーザー突破 【増田 @maskin】)した。現在は2億人を突破。インドなど世界での展開も着実に進行している。

 報道によれば、調達額は時価総額で1兆円規模で、これが本当に実現したら2012年5月に米NASDAQに上場したFacebookに匹敵する調達額(約1兆2700億円)となる。

(追記)
この報道について、LINEは否定する発表を出している。
http://linecorp.com/press/2013/1025612





【関連URL】
・「ほとんどの人がピンときてなかった」LINE、世界2500万ユーザー突破の軌跡【増田(@maskin)真樹】
http://techwave.jp/archives/51711652.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 本当であれば世界展開のための本格的な資金調達と見ていいだろう。疑問は、それなら、海外の市場で上場という選択はできなかったのかな?という点。LINEのチームはかなり慎重に模索しながら事業展開をしているので、今後の発表に注目したい。

著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング → 海外技術&製品の発掘 & ローカライズ → 週刊アスキーなどほとんど全てのIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ブログCMSやSNSのサービス立ち上げに関与。坂本龍一氏などが参加するグループブログ立ち上げなどを主導した。ネットエイジ等のベンチャーや大企業内のスタートアップなど多数のプロジェクトに関与。生んでは伝えるというスタイルで、イノベーターを現場目線で支援するコンセプトでTechWaveをリボーン中 (詳しいプロフィールはこちら)

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

News

Posted by maskin


PAGE TOP