LINEが博多駅前に自社ビル建造、B1Fから2Fまでは図書館 無線LAN開放も【@maskin】

News, Startups


[読了時間: 2分]

 2億ユーザーを目前にしたLINEは2013年7月17日、新たに福岡県に社屋を建設することを発表した。地下2階から地上11階。

場所は博多駅前 (福岡県福岡市博多区博多駅前2-172)で、キャナルシティ博多など複合施設に至近。着工は2014年1月で、2015年に竣工する予定。

screenshot_373

 社員約1000人が快適に働けるだけでなく、地下一階から地上二階までの低層階に一般市民も利用できる図書館などの公共施設を設置する計画。

図書館および近辺の講演には無料のWi-Fiを提供するなどして、近隣施設や住民との共生を図る考えだ。




【関連URL】
・【LINE】福岡社屋建設計画に関するお知らせ
http://linecorp.com/press/2013/0717579
・LINE関連記事 | TechWave
http://techwave.jp/tag/line


蛇足:僕はこう思ったッス
アジア展開の要とする考えの上で決定したという博多社屋。そういえばNaver時代に発生した震災時、会社の機能を止めないようにするために経営陣が福岡に集まり業務を進めたという話を聞いていた。立地面でかなり重要視していることがうかがえる。
著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
変化し続ける高エネルギー生命体。8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。道具としてのIT/ネットを追求し、日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング→週刊アスキーなどほとんど全てのIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ブログCMSやSNSの啓蒙。ネットエイジ等のベンチャーや大企業内のスタートアップなど多数のプロジェクトに関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 Rick Smolanの24hours in CyberSpaceの数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演。活動タグは創出・スタートアップマーケティング・音楽・子ども・グローカル・共感 (現在、書籍「共感資本主義」「リーンスタートアップ」執筆中)。@宇都宮ー地方から全国、世界へを体現中。
mail メール maskin(at)metamix.com | ChatWork(Voice/Video) | 書籍情報・ 詳しいプロフィールはこちらTwitter @maskinFacebook
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。

maskin [at] metamix.com
LinkedIn: maskin
Follow me

News, Startups

Posted by maskin